めでたくなってきた
by huttonde
カテゴリ




地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1速報
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

とりいそぎ。
AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
自身が鬱だと明言すれば俺..
by huttonde at 09:50
先日の書き込みの訂正をさ..
by 世話焼きおばちゃん at 08:40
(^Д^) 連載?・・・..
by huttonde at 05:43
最近また話題になっている..
by エイリアン at 03:40
いえいえ。 そうですよ..
by ニラ at 19:22
はい、書き忘れてたけど、..
by huttonde at 11:33
はじめまして。 内容と..
by ニラ at 09:54
nanasshiさん ..
by huttonde at 03:18
色々お疲れ様です。 ..
by v at 02:29
どうも、お疲れ様です ..
by nanasshi at 01:57
(^Д^) ほんと、少..
by huttonde at 21:38
とりあえず根も葉もない噂..
by ドラン at 21:25
その説もありそうですね。..
by huttonde at 19:04
他人の筆を借りたとはいえ..
by 世話焼きおばちゃん at 17:17
俺としては、ひかわ氏は、..
by huttonde at 00:47
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
ブログパーツ
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
怖い絵本 4
2017年06月19日
トラウマにしかならない。恐怖で子どもに躾をうながす、
ドイツの絵本『もじゃもじゃペーター』の内容が
不気味すぎて怖い
c0072801_0172665.jpg
 「早く寝ないと鬼が来るぞー!」
「いうこと聞かないとお化けが来るよ」
と子どもの頃に言われたことはないだろうか?
ある意味これも恐怖支配である。

 ドイツでも恐怖によって子どもたちを躾けるという
むきがあったようだ。19世紀に発行されたハインリヒ・
ホフマンの子供向けの絵本もじゃもじゃペーター
(1845年)には、きちんとできない男の子がその結果、
悲劇の顛末を迎えるというお話なのだが、あまりにも
悲劇すぎてトラウマ化決定なのだ。
 その初版がニューヨーク公共図書館に所蔵されており、
ホフマン自らが彩色したオリジナルの挿絵が
公開されていた。

きちんとできないことで、
みんなから超絶嫌われていく

 『もじゃもじゃペーター』は、医師でもあった
作者のホフマンが書き綴ったのは不気味な寓話だ。
 主人公は、スープを飲まずに死んでしまう少年、
犬に噛み付かれ苦痛に身悶えする少年、指しゃぶりを
しすぎたために指を切り落とされてしまった少年
などである。
 もじゃもじゃペーターの罪は、絶対に爪を切らず、
風呂も入らず、髪も整えなかったことだ。
罰として誰からも嫌われた。
c0072801_0192915.jpg




希少な初版

 この本のオリジナルの題名は『Lustige Geschichten und
drollige Bilder mit 15 schon kolorirten Tafeln fur Kindervon
3–6 Jahren(3歳から6歳児のための、15枚の美麗に
彩色された滑稽な挿絵と愉快な物語)』であった。

 その貴重な初版はニューヨーク公共図書館に
所蔵されている。ここで紹介している挿絵は、
そこに掲載されているホフマン自らが彩色した
オリジナルである。

 図書館がこれを購入した1933年当時、現存する初版
として知られているものはわずか4部しかなかった。
 6つの物語で構成される絵本は15ページで、しかも
片側にしか印刷されていないごく薄いものである。
c0072801_0205188.jpg

ホフマンの3歳の息子へのクリスマスプレゼントだった

 ホフマンの言によると、本は3歳の息子へのクリスマス
プレゼントとしてまとめたものらしい。学者のウォルター・
ザウアーによって、ホフマンが子供の患者向けに長年に
わたり物語を書き綴ったことを示す証拠も発見されている。
そして当時のドイツ出版業界に顔のきく書籍クラブの
友人の勧めで、出版の運びとなった。

 初版は少なくとも1,500部、おそらく最大で3,000部が
刷られた。ホフマンが友人へ宛てた手紙には、だいたい
2年で完売し、増版が決まったことが記されている。

 2版からは徐々に改訂が加えられ、挿絵が変更されたり、
もじゃもじゃペーターが表紙になったり、
いくつか物語が追加されたりした。
c0072801_0212065.jpg

指しゃぶりがやめられない少年の末路

 根強い人気を博すようになり、1848年までには第6版、
計2万部が発行されていた。最も有名な物語は
「指しゃぶり小僧の話」だ。

 コンラッドという少年には指をしゃぶる癖があり、
止めないと指を切り落とされてしまうと
母親から注意されていた。

 しかしどうにも我慢できず指しゃぶりをしてしまうと、
仕立て屋が現れて指を切られてしまう。この不気味な
仕立て屋はすぐに教会のカノンに登場するようになり、
さらにW・H・オーデンの詩やティム・バートンの
『シザーハンズ』をはじめとするさまざまな作品でも
取り上げられた。
c0072801_0215673.jpg

いけないことをした子どもには容赦ない描写

 ホフマンは登場人物の子供に容赦なかった。
いけないことをした子供は必ず罰を受けている。
「残酷なフレデリックの話」のフレデリックは動物を
いじめてばかりで、ハエの羽をむしったり、
鳥を殺したり、猫を階段の下に落としたりしていた。
c0072801_0223738.jpg
 しかし犬に乱暴したことで逆に噛み付かれ、
怪我をして寝込む羽目になる。
c0072801_023927.jpg
 犬は怒られるどころか、
少年の夕食にありつく始末だった。
c0072801_0233374.jpg
 ほとんどの物語の主人公はいたずら好きな子供である。
 しかし野ウサギが主人公である話もある。
c0072801_0241432.jpg
 「乱暴な狩人の話」では、ある狩人がうっかり野原で
眠ってしまう。そこで獲物であるはずの野ウサギは銃を盗み、
狩人を狩ることにした。その後のドタバタで、
野ウサギの子供がコーヒーで火傷をすることになる。
c0072801_0244981.jpg
 物語はいずれも時代に左右されない内容を持つ。
指しゃぶりが止められない子供、動物をいじめる子供、
夕食を食べない子供はいつの時代にもいる。

 が、「真っ黒な男の子たちの話」は少々違う。
これは3人の白人の少年たちが黒人の少年を肌の色を
理由にいじめる話である。

 この物語は現代版では削除されている。
挿絵に描かれる子供たちは、白人の少年が服を
着ているのに対し、黒人の少年は腰巻姿で、
人種差別的な表現である。

 黒人の少年の肌の色をからかった少年たちは実際罰を
受けているのだが、その罰は黒いインクに浸されて
黒く染められるというものだった。

 この話の教訓は違いを受け入れることを学ぶべし
だったのかもしれないが、黒人であることを
汚名として扱っているのだ。
c0072801_0252556.jpg
 本は何年にもわたり手を加えられ、シンプルだった
挿絵はどんどんと豪華で、緻密なものになっていった。

 最初は手で彩色されていたが、すぐにカラー印刷に
変わる。それでも初版は魅力に溢れ、かつ恐ろしく
ぞっとするものだった。

 今日ですら、もじゃもじゃペーターや仕立て屋は
鮮烈な印象を与える。19世紀当時のドイツの
子供たちに与えた影響は想像にかたくない。

【絵本】もじゃもじゃペーター Struwwel-Peter

 もじゃもじゃペーターは「ぼうぼうあたま」として
日本でも翻訳され出版されているので、
興味のある人は見てみるといい。
c0072801_054887.jpg
ぼうぼうあたま―
ちいさいこどものおもしろいはなしとおかしなえ
(子どもの近くにいる人たちへ)


via:babel.hathitrustThe 19th-Century Book of
Horrors That Scared German Kids Into Behaving

あわせて読みたい
発売1週間で販売中止となったトラウマ絵本
「くもだんなとかえる」


当時のちびっ子たちを恐怖のどん底に陥れた
トラウマキャラ20


衝撃の結末にトラウマ注意、児童合唱団による
ミュージカルアニメ「チコタン-ぼくのおよめさん」


あまりの衝撃にトラウマになる視聴者続出。
数々の波紋を呼んだBBC放送のハロウィン企画番組
「ゴーストウォッチ」


名前の順に死んでいく子ども
「ギャシュリークラムのちびっ子たち」


http://karapaia.com/archives/52241026.html

by huttonde | 2017-06-20 00:25 | 他ネタ | Comments(0)
<< いつものマスコミ 21 各々諸事情 2010 >>