もっと涼しいのがよろしい
by huttonde
カテゴリ




地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1速報
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

とりいそぎ。
AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
ブログパーツ
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:漫画ねた( 84 )

戦国物語 四
c0072801_6221363.jpg
『足軽六蔵奮闘記』 四

古竹攻略

城を任されれば、その地域を開発し、発展を促し、
攻守共に励むことになるが、敵が多い東南方面では
特に敵城攻略を進める役目となる。
神保家が先代惟道の後継として、年少の惟定と
惟道の弟の式部大輔(しきぶたいふ)惟実を推す
両派に分かれたものの、武力衝突までには
至っておらず、当主となった惟定は、
譜代家臣筆頭、梶谷 左兵衛大尉 宗嘉
(かじや さひょうえたいじょう むねひろ)と嫡男
宗善(むねよし)が後見役で神保城に落ち着いている。
対して豊地勢こと新里方は、複数の敵と戦っている
現状で、子供任せでは危ないという明快な理由で、
東側諸城と同じく惟実派だが、当主が惟定に決まった
以上、叛旗を翻すわけにはいかない。追放された
惟実一派の動向を追い、彼らの反撃に与する気はあるが、
「現状、式部(惟実)様が領内不在では
助太刀も叶わず、神保家に逆らう道理はない。
あくまでも神保方として東南攻略を進めよう」
城主新里義正は、神保家の後継問題で
停滞していた南部の古竹攻略を再開すべく、
坂原や峰口など、家中有力家臣六人を集めて
軍議を開いた。
峰口が現状報告に意見を足した。
「最近の古竹領偵察からの推定では、
石高は六万から八万、多くて九万程度で、
従って常備兵力は千五百から二千五百になろうかと
思われます。古竹を攻めるとなれば、
こちらは東西の支城を含めて三千、本城(神保城)
から二千程の援軍を仰ぐとして倍の五千となり、
孫子の兵法にある如く、敵を分断し勢力を削いだ
上であれば勝機を掴めると存じます」
義正も考えを巡し、
「古竹単独では良いが、不利を知る古竹は
隣国に援軍を呼ぶであろう。あるいは留守と
なったここを攻め入られたら、
形成逆転もあり得るな・・・・」
神保に比べれば劣勢のはずの東南諸勢力が長年に
渡って神保に対抗を続けているのは、ひとえに
諸勢力が反神保で連携していることによる。
一国では小さくも、二国三国と共闘されては
互角以上に苦戦を強いられかねない。
特に、森柳乙羽領の奪還や神保後継問題などで
一段と活気づき、攻守逆転して各個撃破の
危険は神保側にもあり得た。
しかし、強気の坂原は意に介さない。
「戦を始めるのはこちらの勝手、
事前に知らせるならともかく、そうでなければ
援軍が来る前に決着をつければよいことにござる」
倍の手勢による短期決戦で充分と見込んでいる。
「兵は拙速を尊ぶという。もたつけば不利になるのは
当然。先の森柳乙羽両家の滅亡は、連携による油断と、
想定外の戦法に対処できなかったことにあり、
兵は数ばかりでは烏合に過ぎず、
戦は勢いが肝心にござる」
全否定したはずの六蔵の代弁をしたような言い草に、
「いかにも、古竹は弱小にて、これまで神保方に
甘さがありました、これを機に容赦なく
断固討つべし」
と、家臣数人が坂原への媚びにも思える
威勢のいい同意を示した。
峰口は、
(大膳様も臨機応変か・・・・)
と鼻白む思いになったが、呆れてはいられない。



by huttonde | 2017-09-12 06:20 | 漫画ねた | Comments(0)
ニートマスター ジョー 13
『夏嫌い』
c0072801_430544.jpg

1 表紙

1・2・3・4
路地俯瞰 小雨シトシト 傘をさして歩くボツ
  ボ「♪ ドゥードルーッドゥ ドゥードゥ
 ドゥードルー ドゥードゥドゥードゥ」
5・6 店の階段を降りるボツ
  ボ「はっはっはっは」
7・8 店内 いつものジョーと小藪
  ボ「あーっはっはっはっは」
  ジョ「いらっしゃいませ」

1・2 ジョ「ずいぶん上機嫌ですね。
   どうしたんですか?」
  ボ「最近いい天気でしょ。6月7月と暑かったのにさ。
 あ、毎度のジンフィズネ」
3・4 ボ「ボクの念が通じたのか、8月になってからは
  連日曇りや雨で、すっかり梅雨に逆戻り。
  いつもなら30度台後半でもおかしくないのにさ、
  今日はなんと、真昼間でも最高気温26度だって!」
  うひゃひゃひゃ
5 ボ「空よ、やればできるじゃんか」天井にグッ
  ほっほっほっほ
6 小「でも湿気があると不快だねえ。
 しばらく歩くと汗だくだよ」
  ジョ「洗濯物もかわかないし」
  ボ「いいじゃん、生乾きで。
 どうせ汗だくなんでしょ、湿気てればいいって」
7 ジョ「でも、明日からまたしばらく
 30度越えるそうですよ」
  ジョー、ジンフィズ出す
  ボ「それは言わんでよ。気が滅入る」ぶー
8 ボ「気象庁だって外れたりするし、
  ボクの念力の方が強いかもネ」うぬぬぬ〜



by huttonde | 2017-08-23 04:50 | 漫画ねた | Comments(0)
戦国物語 三
c0072801_64534.jpg
『足軽六蔵奮闘記』 三

出仕伺い

「捨てる神あれば拾う神ありか・・・・
あ〜、まだ決まってねえや・・・・」
後日、六蔵は弥助に紹介された豊地(ほうち)城に
向かった。
豊地城は領内の東南、神保城方面から流れる
大平野川の下流に位置し、北と東の街道が交差する
交通の要衝であり、広い田畑の一方、
宿場町もある栄えた地域だった。
また、その東や西南にある城への後詰、支援の役割を
兼ねており、東南部の二大拠点となっていた。
そのため、東の敵方だった乙羽や南の古竹から
狙われて度々戦があった。
城主は新里 兵部大丞(ひょうぶだいじょう)義正。
遠縁でもある神保惟道によって積極果敢な戦働きを
認められ、三十も半ばの若さで、加増を兼ねて一帯を
任されて間もなく、彼を補佐する家臣達もほとんどが
二十代から三十代と若者揃いという。

約束当日の四つ時(午前十時)前、
城外では弥助がいつもの笑顔で待っていた。
「我が城へようこそ」
神保城下で会う時の気楽な着流しと違い、
弥助は肩衣を着けた小綺麗な格好で、
幾分かしこまって見える。
「今はどこも人集めに熱心らしいすよ。こっちでも
頻繁に浪人が来て、門番とやり取りしてたし」
六蔵は弥助の案内で城内の三の丸屋敷に向かい、
一室に通された。
しばらく一人で待たされたが、やがて応対役の家臣と
祐筆(書記)役であろう若者の二人が入って来た。
六蔵が平伏し、一人は上座、もう一人は
その傍の小机を前に座った。

「譜代家臣、峰口左京少進(さきょうしょうじょう)
義道と申す。近年は神保の拡大に伴い、当家への
出仕願いも多い。しかし当家も限りある故、
来る者総てとはまいらぬ。登用不可となっても
悪く思わんでくれ」
平伏する六蔵を見据えた峰口は、まだ老いには
遠い、口調もはっきりした若者だった。
城側代表としての責任感からか、
威厳をもって接しているのがよくわかる。
若い祐筆(書記)も六蔵を見ている。
「其の方については、弥助から紹介された。茅部、
須田、永木と来て弥助は当家に来たそうだな。
弥助が感謝しておったぞ」
「は、弥助には苦労をかけました・・・・」
弥助は明るく闊達で卑屈さがない。
六蔵とは茅部家来以来の関わりで、六蔵同様に
ぼやくことはあっても落ち込むことなく、
常に前へ先へと進むような意欲を持っている。
その戦ぶりも、気迫をもって敵に対峙する姿は、
やはり栄達への欲なのか、一軍の将になっても
進んで先鋒を受け持つであろうと想像できた。
また、戦話を好み、兵法にも関心を寄せていたから、
彼なりに勉強もしていたのだろう。
仕官が叶ったのは、まだ若く元気な弥助に、
城主以下、同じく若い彼らが共感して
期待したのだろうか。



by huttonde | 2017-08-17 06:40 | 漫画ねた | Comments(0)
戦国物語 ニ
c0072801_20271111.png

『足軽六蔵奮闘記』 二

神保分裂

神保家当主の神保惟道は早朝に屋敷内で倒れ、
二日程意識不明が続いた後亡くなった。
遺書も遺言も無い突然の当主の訃報に
城内は大わらわとなった。
形式上は、嫡男の惟定が惟道の弟、惟実(これざね)
の後見を受けて家督を継ぐはずだったが、
惟定はまだ齢十一の子供であり、油断ならない
情勢の中、一定期間であれ、弟の惟実が
継いで正式に当主とし、その後に惟定に
譲るべきと家中から意見が出た。
惟実も惟道とたいして歳は離れておらず、
神保家を支えてきた副将的存在として
家中から信頼を得ている。
これがその後、嫡男惟定を当主にすべしとする惟定派と、
惟道の弟、惟実を推す惟実派に分かれ、
惟定派は、「嫡男後継は天下の道理にて、
これに逆らうは当家に邪(よこしま)な意図あり」
と責め立て、惟実派は、
「当主は当家に対する責任があり、未だ幼き惟定様に
この過酷な状況下で継がせるのはそれこそ無責任であり、
別の意図を感じざるを得ず」とし、
「何のために一族がいるのか」と抗議して
強硬に正当性を訴えた。
惟定派の中心は譜代家老筆頭、
老齢の梶谷 左兵衛大尉 宗嘉
(かじや さひょうえたいじょう むねひろ)、
惟実派の中心は惟実譜代家臣、
中谷 小監部物 道春(なかや しょうけんもつ みちはる)
で、両谷争いとも云われた。
当初、惟実は惟定の後見を引き受けるつもりだったが、
中谷達の「当主責任論」を説かれて、考えを改めた。
どちらも主導権を握ろうと神保城内を離れず、
大広間では連日互いに言い争う事態も生じて、
各城主も本城を牽制するように惟定派と惟実派に分かれ、
一部は態度保留の中立を保ちつつ、経緯を見守った。
間もなく、惟実派が内紛状態に決着をつけるべく、
惟実本人を先頭に惟定を確保しようとするが、
事態を察知した梶谷宗嘉ら惟定派は、先回りして
家臣達を集めて惟定を警護し、兵をもって惟実のいる
三の丸の屋敷を包囲、十数名に及ぶ惟実派を
国外追放処分とした。
これにより、改めて惟定の当主が確定した。



by huttonde | 2017-08-09 20:25 | 漫画ねた | Comments(0)
ヒデえもん
『ヒデえもん』 30頁くらい
c0072801_8534276.jpg
ドラえもん+魔太郎+喪黒福造

こび太 中学生〜

 表紙

1・2・3・4 朝の登校風景
 複数の制服姿の学生、小学生が登校中
5 こび太、ドヨ〜ンとした顔でため息
6 学生服のこび太が歩きで登校中
  こ《ぼくの名はこび太。ぼくは学校が嫌いだ》
7・8 学校正門に「量産中学校」
  こ《まったくやる気がないぼくが
 学校へ行くのは無駄でしかない》

1・2 授業前の賑やかな教室
  こ《熱心に勉強して、
 成績に一喜一憂する子もいるけど、
 まったく興味のない子もいるのだ》
3・4 剛田「お〜い、こび太ぁ〜、
   また学校来たんかよお〜、来なくていいのに」
   こ《おまけに意地の悪い奴が
  関わるなんて、ほんとに迷惑だ》
6 剛田「元気だせよ腑抜け、ほりゃほりゃ」
  剛田、こび太の両こめかみにグーでグリグリ
  こび太「いてててて!」
7 剛田「明るく楽しい学生生活を送りましょう!」
  剛田、こび太を羽交い締め
  こ「ぐるじ〜!」
8 笑いながら剛田去る
  こ(世が世なら殺してやる!)



by huttonde | 2017-08-04 08:50 | 漫画ねた | Comments(0)
戦国物語
c0072801_0201892.png
『足軽六蔵奮闘記』 50〜頁

時は戦国。地方に勢力を張る神保惟道
(じんぼ これみち)は周辺の各勢力と争っていた。
足軽大将の六蔵は、神保家臣、
茅部道伸(かやべ みちのぶ)の家来だった。
敵地へ攻め込もうと茅部部隊が行軍中、先鋒の六蔵は
奇襲を危惧して斥候(物見)派遣を進言するが、
強気の茅部は却下した。
「こっちは大軍だ。
劣勢の敵にびくついては戦にならん」
「劣勢ゆえに敵は反撃を試みると思われます」
「大丈夫だよ」
「その根拠は」
「・・・・こっちは攻める必要がある。
大殿の命令でもある。命令を聞いてくれよ」
「・・・・御意」
六蔵は他の者と相談して複数の斥候を送り出したが、
独自では人数は限られ、戻って来ない。
山道に差し掛かると、部隊後方の本陣が
敵の奇襲を受けた。本陣は潰走するが、
茅部与力の須田貴己(すだ たかのり)が殿軍として
活躍し、六蔵の小隊も本陣に駆けつけて奮闘、
茅部も無事に逃げ延びた。
大失態となった茅部は領地減封で一時謹慎の一方、
須田は神保から評価されて茅部領の一部と
隣接する東部の城一帯を任された。



by huttonde | 2017-07-23 00:16 | 漫画ねた | Comments(0)
ニートマスター ジョー 12
『ボツの春』
c0072801_83893.jpg

 表紙

1・2 店外 雨
3・4・5・6 店内 ジョー、小藪、ボツ
  ボ「六月なんてもう夏と変わらないネ。
 昨日も今日も30度越えたってさ。
 春と秋で充分なのになあ。嫌がらせばっかりだ」
 ブツブツ
7 ボ「もう二度と地球には
 生まれ変わってやんねえ」チッ
  ジョ「もっと酷いとこ行ったりして」
8 ボ「そうだ、近所のコンビニでさ、
 えらい美人の店員がいたよ」
  ジョ「ほう」



by huttonde | 2017-06-24 08:20 | 漫画ねた | Comments(0)
ニートマスター ジョー 11
『満開の桜の下で』
c0072801_19321574.jpg
 表紙

1・2 夜 店外
3・4・5・6 店内 カウンター内にジョー、
  小藪はいつものカウンター奥の席
  ジョ「今年も桜の季節は過ぎて・・・・」
  小「新緑の季節だねえ」
7・8 小「それも束の間、またじんわり暑くなって
 ジメジメの梅雨になり、その後はまた鬱陶しい夏だ」
  ジョ「またボツさんがぼやきますね」
  ボ「ちわ〜す」



by huttonde | 2017-05-04 19:30 | 漫画ねた | Comments(0)
ニートマスター ジョー 10
『日向ぼっこ』
c0072801_875576.jpg

 表紙

1・2 路上、ボツが歩く
  ボ「まったく、しどい季節だねどうも」
3・4 店内 ジョーと小藪
  ボ「ちわーす、あ〜、
 さび〜デイビス・ジュニアだネ」
  ジョ「いらっしゃいませ」
5 ジョ「あけましておめでとうございます」
  ボ「いやいや、それほどでもねえですよ」
  着席
6 ボ「夏は暑かったくせにさ、なんだぃこの寒さは。
 部屋でも手が痛ぇよ」チッ
  ジョ「恒例の挨拶ですね」
7 ボ「それもそのはずで頭がスースーするんだね。
 部屋でもニット帽かぶるようになったネ」
  ジョ「ニート帽?」
8 ボ「性格は猫かぶってるし、アレもかぶってるし、
 カブリマ・クリスティーだネ」
  ジョ「あったかいカクテルを
 御用意しましょうか」



by huttonde | 2017-01-15 08:15 | 漫画ねた | Comments(0)
しつこいヒーロー 2
2016年12月26日
戦隊系作品で未だに扱われない・
今後扱ってほしいジャンル

:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1482543200/
1: 名無し 2016/12/24(土)10:33:20 ID:o3G
ってなんやろか

2: 名無し 2016/12/24(土)10:34:14 ID:REZ
とりあえず忍者・侍とか日本的要素は
出し切った感あると思う

3: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:39:04 ID:NYt
戦隊なんやからミリタリーチョイスどうや?

11: 名無し 2016/12/24(土)10:44:36 ID:o3G
>>3
敵はどうするんですかね・・・

4: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:40:19 ID:zZi
医療とか行けるんちゃう

5: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:40:46 ID:oQS
>>4
今やってるやん

9: 名無し 2016/12/24(土)10:43:56 ID:o3G
>>5
え?今ってそんなやつなん?

10: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:44:20 ID:x8j
>>9
それは仮面ライダーやで

12: 名無し 2016/12/24(土)10:45:44 ID:o3G
よく考えたら、戦隊の設定だけじゃなく
敵の設定も割としっかりせんとあかんよな
そう考えると結構難しいンゴねぇ・・・

14: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:47:00 ID:040
横浜が舞台
暴走戦隊ヨロシクナンジャーワレゴルァ

15: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:48:06 ID:ezX
>>14
ゾクレンジャー「」

17: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:48:48 ID:85K
>>14
その昔
ゴーオンジャーにゾクレンジャーってのが歌もあってな…

19: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:49:43 ID:040
>>17
マジか
戦隊物侮りがたし

20: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:51:07 ID:ezX
>>17
カーレンジャーやで
どっちも車モチーフやから
ごっちゃになるんはしゃーない

18: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:48:58 ID:BS9
パワーレンジャーとの兼ね合いがあるので
メインが昆虫は居ない
ゴウライジャーみたいな追加枠はあるけど
そもそも忍者だしな

22: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:51:59 ID:JRU
ナチスドイツが世界征服した世界線の漫画

24: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:53:24 ID:vWG
恐竜やろなぁ

26: 名無し 2016/12/24(土)10:53:41 ID:o3G
>>24
もうあるんだよなぁ・・・

27: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:54:12 ID:BS9
>>24
何回もやったんだよなぁ

28: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:54:43 ID:85K
恐竜はなんやったっけ
デンジマンだっけ

29: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:55:22 ID:ezX
>>28
ジュウレンジャー
アバレンジャー
キョウリュウジャー

30: 名無しさん@おーぷん
2016/12/24(土)10:55:25 ID:6cW
>>28
ジュウレンジャー、アバレンジャー、
キョウリュウジャーだったかな



by huttonde | 2016-12-26 23:50 | 漫画ねた | Comments(0)