我が毛根に気力なし
by huttonde
カテゴリ




地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1速報
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

とりいそぎ。
AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
こんにちは。 私は北斎..
by desire_san at 18:54
コメントありがとうござい..
by huttonde at 02:36
カメントツ先生のひかわ先..
by 当時のカービィ好き at 01:19
現物持ってるおれがうそい..
by ピカリン at 14:49
だってPC原人とか20年..
by huttonde at 13:38
マジかー。 あんなきれ..
by ピカリン at 13:17
2色2Pは全然覚えてない..
by huttonde at 12:07
はい、質問に答えます。 ..
by ピカリン at 10:30
一度、中身見て確認してく..
by ピカリン at 09:04
いわゆる丸投げってのが1..
by huttonde at 01:17
やばい。カービィで臨時に..
by ピカリン at 23:36
一体いきなりどうしたんだ..
by huttonde at 20:36
「先生の所をクビになった..
by ピカリン at 15:56
はい、はじめまして。 ..
by huttonde at 12:16
はじめまして。某出版社の..
by 当時のファン at 09:35
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
ブログパーツ
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:廃墟 ( 73 ) タグの人気記事

廃墟改め 56
2017/04/03 海外「お金まである!」
日本の美しすぎる廃墟に米国人が感動

日本にある木造建築の古い廃校を紹介したビデオが
話題になっていました。
昨年は、日本の廃墟をめぐって、日本に完全に
惚れ込んでしまったと語っていた廃墟好き米国人ジョシュ。
2017年も再び日本を訪れて廃墟めぐりを始めたようです。
ビデオでは、埼玉県にある小学校が紹介されていて、
海外からも多くの感動の声が寄せられていました。

2:00
もともと学校の廃墟は好きだけど、
日本の学校は特別。物が残されてて、
探検に持って来いだから。
3:00
お金がそのままだよ。
どれくらい日本人が良い人かわかるでしょ。
廃墟でお金を見たのは初めて
3:40
必ず元に戻すようにしてる。
次に来た人も楽しめるようにね。
5:45
こんなにデカいクモは初めて見た。
7:30
俺がアニオタなのは知ってるだろうけど、
ヴィジュアルでも心境的にも親近感が湧く。
アニメに居るみたい。
8:50
廃校になる前に子どもたちが掃除をしたから
綺麗なんだよ。昨日行った学校も綺麗にしてあったよ。
日本人はゴミを残さいないんだ。
9:50
なんで音楽が!?下校の合図だから。
てか何で鳴ってるんだ!?怖い。

ABANDONED Japanese School Heard Creepy Music




by huttonde | 2017-04-03 20:45 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 55
どこかで何かが見てる・・・
美しくも恐ろしいヨーロッパの廃虚病院
October 14, 2016
c0072801_2216076.jpg

ヨーロッパを旅し、数々の廃虚を写真におさめてきた
オーストリアの写真家 Stefan Baumann
中でも彼が撮影した病院は、
欧州随一の廃虚と呼び声高いんだとか。
崩れ落ちた天井、かつて患者が横たわっていたであろう
ベッド、そして数々の苦しみを見てきた手術台・・・
その写真の端々から、やっぱり霊的な何かの視線を
感じずにはいられないのです。



by huttonde | 2016-10-15 22:25 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 54
2016.10.04
栄枯盛衰を物語る、朽ち果てるまま
線路上に放置されているオリエント急行の豪華列車
by wakaba
c0072801_22175632.jpg
かつて西ヨーロッパの大都市から大陸を横断しヨーロッパが
終わるイスタンブールまでを運行していた国際寝台特急列車
「オリエント急行」。しかし現在はほぼ廃線となってしまい、
当時利用されていた豪華車両の一部はそのままベルギーの
線路上に放置されています。

ヨーロッパを横断する豪華列車「オリエント急行」の歴史は、
ベルギー人の実業家ジョルジュ・ナゲルマケールスが
長距離列車でアメリカを旅行した経験をもとに1872年に
設立したベルギー国際寝台車会社
(Compagnie internationale des wagons-lits)が
1833年に運行を開始したパリ〜コンスタンティノープル
(現トルコ・イスタンブール)にはじまります。

その後、「オリエント急行」を名乗る国際寝台列車が
複数登場しましたが、1970年代になると高速鉄道の登場や
高コストの影響で徐々に減少・短縮されてしまいます。
そして2009年12月12日、ウィーン西駅(オーストリア)発
・ストラスブール(フランス)駅行を最後に定期運行が
廃止されました。



by huttonde | 2016-10-05 22:30 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 53
2016.09.25
現在も破壊されたままの状態で残る、
100年前に中東の砂漠に建設された「ヒジャーズ鉄道」
by wakaba
c0072801_1481524.jpg
約100年前にオスマン帝国が中東の砂漠に建設し
アラブ人達によって破壊さてしまった幻の砂漠鉄道
「ヒジャーズ鉄道」。現在でも砂漠の真ん中に残る
鉄道の残骸は100年前の姿そのままです。

ヒジャーズ鉄道は、オスマン帝国によって1900年〜1908年
にダマスカス(現シリア)〜メディナ(現サウジアラビア)
に建設されたアラビア半島西部のヒジャーズ地方を縦断する
約1300kmの鉄道。建設の目的はムスリムの聖地
(メディナやメッカ)への大巡礼のためとされていますが、
オスマン帝国の宗教的支配や交易も大きな要素だったと
考えられています。

1914年当時の「ヒジャーズ鉄道」路線図。
c0072801_1594348.jpg
完成から数年後、第一次世界大戦(1914年〜1918年)
中にアラブ人たちによって破壊(アラブ反乱)されて
しまったヒジャーズ鉄道。その後はほぼすべての路線が
再開されること無く現在まで放置されています。また、
ヒジャーズ鉄道の襲撃については1962年の映画
「アラビアのロレンス」で詳細に描かれています。

破壊された当時のままに残る駅や汽車、線路などの残骸が
そのまま砂漠の真ん中に現存しているため各地で
人気の観光スポットになっています。
c0072801_201259.jpg




by huttonde | 2016-09-27 02:05 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 52
広大な荒野で朽ち果てる機関車と列車、
その数100以上。ボリビアに隠された「鉄道の墓場」
July 05, 2016
c0072801_3573259.jpg
ボリビア南部に世界最大の塩湖の端に、錆びついた機関車や
列車が廃棄される「鉄道の墓場」があることを
ご存知でしょうか。
広大な荒野において、Chris Staring が撮影した100以上の
列車がただただ朽ち果てるのを待っているだけの光景は、
かなり壮観です。
この「鉄道の墓場」では「The Cementer de Trenes」
と呼ばれているそうです。
c0072801_410614.jpg




by huttonde | 2016-07-07 05:28 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 51
2016年06月24日
肉は腐りかけがうまいというが、
廃墟も朽ちかけた感じが美しい。世界各国廃墟巡り
c0072801_20591620.jpg
 フランス、パリの写真家、ロマン・ヴェイヨンは廃墟の
退廃的な美しさに魅せられ世界各地を旅している。
彼が撮影したヨーロッパ各地の廃墟となった家々には
腐敗した、完全に朽ち落ちる直前の美しさがそこにある。

 栄枯盛衰という言葉があるように、そこにはかつて
活気に満ちた人々が暮らしていた跡がある。ヴェイヨンは、
かつてそこで生きていた人々やその背後の物語を常に
想像しながら撮影することがたまらないのだという。

1.ポルトガル 崩れかけの建物内の階段
c0072801_214099.jpg




by huttonde | 2016-06-25 21:10 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 50
在りし日の喧騒が聞こえる・・・
廃虚となった豪華な巨大劇場
April 12, 2016
c0072801_2525442.jpg
クリーブランドにある「ザ・ヴァラエティー・シアター」
は、1920年にオープンした劇場。
バルコニー付きの豪華な内装が特徴的ですが、
カルト映画やホラー映画が上映されていたんだとか。
メタリカやモーターヘッドといったロックバッドが演奏を
行ったことでも知られるこの有名な劇場は、
現在廃虚となっています。
そんな変わり果てた劇場を写真家 Matthew Christopher が
撮影しました。
c0072801_2554856.jpg




by huttonde | 2016-05-04 03:05 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 49
派手だからこそ虚しい。
ドイツ人写真家が撮影する座礁した豪華客船の内部
January 28, 2016
c0072801_1538712.jpg
ここが32人が命を落とした、クルーズ船の内部だと
知れば、美しい廃墟も違った見え方をするでしょう。
ドイツ人写真家 Jonathan Danko Kielkowski が
撮影したのはトスカーナ州で座礁したクルーズ船内部。
在りし日は船旅を楽しむ人々で船内は、
賑わっていたんでしょうね。
豪華な内装を見るにつれ、
虚しさがつのってきてしかたありません。
c0072801_15411422.jpg




by huttonde | 2016-01-30 04:52 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 48
2015年11月13日
一度は訪れてみたい世界の廃墟38選!

何故か惹かれる「不気味な廃墟」
息をしていない空間に見る不思議な美しさ!
c0072801_18485592.jpg
人気はいずれ崩れていくもの

たとえ全盛期時代は華々しくても、人気がなくたって人が
来なくなってしまえば、必然的に「廃墟」となる・・・
刹那的な考えかもしれませんが、差し当たり間違っても
いないでしょう。
熱が冷め、放ったらかしの状態になり、
そしてホーンテッドマンションのような「お化け屋敷化」
してしまうのは容易に想像できるかもしれません。

不気味度はそれなりに上がる

例えば、かつては人気のあった人形達も需要がなくなれば、
残念ながら ”おさらば” となってしまいますよね。
もしそれが「人形の頭部や足部」を製造している工場
だったとしたら・・・
そしてその人形の頭部が無残にも残り、何百もの顔が並んで
こっちを見ているとしたらとても不気味なのでは無いで
しょうか? 不気味度のゲージがぐーっと上がるのは
確実ですよね。

とても不可解、でも何故か惹かれる廃墟の姿

今回ご紹介する「38の廃墟」は、かつて人で賑い活気の
あった場所ばかりです。 過去の輝きが薄れていく中で、
何故か不思議と「美しく感じるもの」があるのは
何故でしょうか?

言葉では説明できない廃墟の魅力、
一緒に探ってみませんか?

1.寂しいモノクロな修道院 ベルギー
c0072801_18492374.jpg




by huttonde | 2015-11-13 19:20 | 散歩とか風景 | Comments(0)
廃墟改め 47
2015年11月05日
自然の治癒力は伊達じゃない!
植物に飲み込まれていく廃墟や人工物の画像25枚
c0072801_8365737.jpg
自然に勝るものはなし!
文明に打ち勝つネイチャー・パワー、ここにあり!

人間は自然を支配できない!証明された力強い光景

皆さんも周知の通り、地球上に存在する人間の数は年々
増加しています。私達人間がこの地球のリーダーであり、
全ての権限は私達人間にある! 今のところそうかも
しれません。例えば、殺風景で何もない砂漠に巨大な
近未来型都市を建設する、それによって動物達の生息地や
植物を奪ってしまっても、人間が決めた事ですから、
「自然」は仕方なくそれに従うしかありません。

自然や環境が今叫びを上げているというのに

信じるには悲し過ぎる動物や環境への破壊行為はよく耳に
することです。違法で減少傾向にある珍しい動物を
射止めたり、動物の大事な生息地を工業用に荒らしたり、
このように必要なしにダメージを受けた結果自然が悲鳴を
上げ破壊的状況に陥っているのは紛れも無い事実です。
c0072801_8361915.jpg
人口の増加に反比例するように減少、
でも自然も負けてはいない!

世界の人口は今や80億人に達成する勢いで成長して
いますが、それに対して動物や植物は比較できない程の
スピードでこの世から姿を消してしまっています。



by huttonde | 2015-11-06 08:45 | 散歩とか風景 | Comments(0)