カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1NEWS
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カルトの娯楽
2011年12月09日
シーシェパードをついに裁判で訴えることが決定、
今までの妨害の写真と映像まとめ

捕鯨妨害を2005年に開始、有料チャンネルで英雄のように
扱われる番組が放送されて寄付金が爆増、この6年で10倍
にも達した資金力で攻撃力をアップさせ、ついには日本側に
負傷者続出、調査中断にまで追い込んだあの環境保護団体
「シーシェパード」に対し、財団法人日本鯨類研究所と
共同船舶株式会社がついに裁判を起こしました。

シーシェパードおよびポール・ワトソンに対する
妨害差し止め請求裁判について

内容は以下のようになっており、シーシェパードの活動は
「調査船の乗員や調査員の生命をも脅かす危険な行為」
であり、「このまま見過ごすことはできません」
と断じています。

 被告であるシーシェパードとポール・ワトソンによる調査
 船団への妨害は、年を追うごとにエスカレートしています。
 海上の安全を著しく脅かす彼らの妨害活動は、海洋航行
 不法行為防止条約(SUA条約)に加えて、国際海事機関の
 決議(Resolution MSC. 303 (87))及び国際捕鯨委員会
 の決議(Resolution 2011-2)にも反し、調査船の乗員
 や調査員の生命をも脅かす危険な行為です。

 シーシェパードやポール・ワトソンによる一連の妨害行為
 は調査船団の安全のみならず、調査の科学的成果にも甚大
 な影響を与えており、このまま見過ごすことはできません。

 これまでも我々は妨害行為を止めるため様々な努力を
 払ってまいりましたが、このような理由からこの度、
 シーシェパード本部のある米国ワシントン州において、
 捕獲調査に従事する船舶や乗組員と調査員の生命・財産
 及び調査船の船舶の安全確保のため提訴に踏み切りました。

実際にどのような妨害をしているかというと2011年は
以下のような感じで妨害活動を行いました(以下の写真・
映像は全て(財)日本鯨類研究所の提供によるものです)



第3勇新丸のプロペラと舵を狙うロープを流そうとしたり、
ビンを投げ込んでくる様子
c0072801_1421220.jpg
c0072801_1421898.jpg
c0072801_1422452.jpg
c0072801_1423073.jpg
c0072801_1423644.jpg

c0072801_1424234.jpg
大型スリングショットを使って第2勇新丸に対しを投擲物を
投げ込んだり、高圧ランチャーを構えたり、プロペラと
舵を狙うワイヤー・ロープを流す妨害高速船ゴジラ号
c0072801_1432883.jpg
c0072801_1433423.jpg
c0072801_1434095.jpg
c0072801_1434778.jpg
妨害船スティーブ・アーウィン号の活動家が調査船第勇新丸
に対し酪酸の入ったビンを投げこむ様子
c0072801_1442436.jpg
c0072801_1443049.jpg
c0072801_1443641.jpg
ボブ・バーカー号活動家が第二勇新丸左舷部のネットに
発煙筒を放り込む
c0072801_145535.jpg
c0072801_1451272.jpg
第三勇新丸に対し、
発煙筒を投擲するボブ・バーカー号の活動家
c0072801_145493.jpg
c0072801_1455749.jpg
c0072801_146326.jpg
第三勇新丸に対し、酪酸瓶を投げるボブ・バーカー号活動家
と航路を妨害する形で異常接近するゴジラ号および
ボブ・バーカー号所属のゴム・ボート
c0072801_147148.jpg
c0072801_14787.jpg
c0072801_1471516.jpg
c0072801_1472365.jpg
c0072801_1473142.jpg
船首を横切ってプロペラと舵を狙うロープを流すゴジラ号、
さらに発煙弾や酪酸瓶も投げ込んでくる始末
c0072801_1493386.jpg
c0072801_1493957.jpg
c0072801_1494665.jpg
c0072801_1495210.jpg
c0072801_1495885.jpg
c0072801_150477.jpg
c0072801_1501298.jpg
c0072801_1502278.jpg
c0072801_1503011.jpg
c0072801_1503858.jpg
c0072801_1504587.jpg
c0072801_1505247.jpg
c0072801_151111.jpg
c0072801_151987.jpg
グリーンレーザーを照射
c0072801_1513197.jpg
船はメチャクチャに
c0072801_1545146.jpg
c0072801_1545855.jpg
c0072801_155562.jpg
c0072801_1551019.jpg
c0072801_1552458.jpg
c0072801_1553048.jpg
c0072801_1553666.jpg
c0072801_1554212.jpg
c0072801_1554831.jpg

c0072801_1555567.jpg
c0072801_1563817.jpg
c0072801_1564571.jpg
c0072801_157351.jpg
c0072801_157880.jpg
c0072801_1571335.jpg
c0072801_1572363.jpg
c0072801_1573017.jpg
c0072801_1573549.jpg
c0072801_1574193.jpg
c0072801_1581276.jpg
c0072801_1582075.jpg
c0072801_1582642.jpg
プロペラと舵を狙ってロープを曳航しながら調査母船
日新丸船首前に蛇行するゴジラ号、さらにゴジラ号は
調査母船日新丸に異常接近、活動家が発煙弾を投げ込み、
さらにロケット信号弾(火箭)や火炎弾を発射、
調査母船日新丸船首甲板上で燃えています。
c0072801_204352.jpg
c0072801_205083.jpg
c0072801_205798.jpg
c0072801_21455.jpg
c0072801_211078.jpg
c0072801_211898.jpg
c0072801_212329.jpg
c0072801_213032.jpg
c0072801_221796.jpg
c0072801_222429.jpg
c0072801_223183.jpg
c0072801_223756.jpg
写真だけだと現場の雰囲気がわかりにくいのですが、
ムービーを見ると妨害活動が露骨です。

まずはシーシェパードが大型スリングショットを使って
第2勇新丸に対し投擲物を投げ込む様子。

シーシェパード、大型スリングショットで攻撃 - YouTube

次はシーシェパード活動家、第2勇新丸に対し
高圧ランチャーを構えて発射する様子。

シーシェパード活動家、第2勇新丸に対し
高圧ランチャーを構えて発射 - YouTube


さらにシーシェパードのゴジラ号がプロペラと舵を狙って
ロープを曳航しながら調査母船日新丸船首前を蛇行する様子。

シーシェパードのゴジラ号がプロペラと舵を狙って前を蛇行
- YouTube


危険極まりないことに、シーシェパードのゴジラ号が
グリーンレーザー照射、発煙弾を投げ込む様子。

シーシェパードのゴジラ号がグリーンレーザー照射、
発煙弾投擲 - YouTube


そしてシーシェパードのゴジラ号からロケット信号弾(火箭)
発射・火炎弾が投げ込まれ、甲板上で燃える様子。

シーシェパードがロケット信号弾や火炎弾発射、
燃える甲板 - YouTube


なお、今回のこの裁判について、なぜ今この時期なのかと
いうと、以下のような狙いがあるようです。

シー・シェパード提訴 「本丸」で奇襲作戦+(2/2ページ)
- MSN産経ニュース

提訴の時期も綿密に練った。SSは代表のポール・ワトソン
容疑者(61)が牛耳る団体であり、代表の意向がすべて
反映される。12月には、SSは南極海の捕鯨妨害へ全勢力
を集中させ、団体幹部は出撃拠点となる豪州に集結する。
日本側が訴訟と併せて行う差し止め仮処分申請は、数週間
以内で判断が下される可能性があり、SS側は不意を
突かれて、準備不足のまま法廷での対応を迫られる可能性が
高い。
また、シーシェパードが資金豊富になるきっかけを作った
有料チャンネル「アニマルプラネット」についても道義的
責任を問いたい、としています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111209/trl11120913370003-n2.htm

・関連記事
シーシェパードの新型捕鯨妨害船が妨害活動に出航、
その名は「Gojira(ゴジラ)号」 - GIGAZINE


「これまでに人を傷つけたことがないのが我々の誇りだ」
とシーシェパードが声明を発表 - GIGAZINE


シーシェパードの「アディ・ギル号」が衝突して
沈没していく様子のムービー - GIGAZINE


http://gigazine.net/news/20111209-sea-shepherd/

2011/12/09
『ザ・コーヴ』の演出と虚偽 (5)
~盗撮機材設置シーンはヤラセだった
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-272.html

シー・シェパード支援者のオランダ人を現行犯逮捕
和歌山県警
2011.12.16 17:08

 クジラ搬送作業中の現場に無理に立ち入ろうとし、警備中
の男性の胸を突いたとして、和歌山県警新宮署は16日、
米の反捕鯨団体、シー・シェパードの支援者で、オランダ
国籍のアーウィンマルコピーターアド・フェルミューレン
容疑者(42)=和歌山県那智勝浦町のホテルに滞在中=
を暴行容疑で現行犯逮捕した。同署によると容疑を否認
しているという。

 逮捕容疑は同日午後0時40分ごろ、同県太地町森浦の
堤防で、ハナゴンドウクジラの搬送作業の警備にあたって
いた同町の男性会社員(23)に、胸を手で突くなどの
暴行を加えたとしている。

 同署によると、クジラは太地漁港のいけすから、観光客
との触れあいイベントのために近くのホテルが開放している
プールに移送中で、現場近くの堤防は立ち入り禁止となって
いた。フェルミューレン容疑者が無理やり侵入しようとした
ため、男性が制止したという。男性は近くでパトロールを
していた署員に被害を報告、署員がその場で取り押さえた
という。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/crm11121617100022-n1.htm

カルトには強硬でないと。日本は甘過ぎ。

by huttonde | 2011-12-10 02:14 | 捕鯨ほげ(にくにく) | Comments(0)
<< どうでもいい人 トホホな社会 56 >>