毎年代わり映えせず
by huttonde
カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1速報
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
復活犬 2
2015年01月27日
これはからはずっと一緒だよ。保護されていた捨て犬が、
新しい家族として迎えられた後の変化がわかる
ビフォア・アフター写真 Part3
c0072801_0285934.jpg
 カラパイア誌上では、第三回目となる保護施設にいた犬が、
新しい家族と出会い、生きる希望を取り戻した様子がわかる
ビフォア・アフター写真。犬は、例え過去に人間によって
裏切られても、根気よく愛情をもって接すれば、
また人間を信じてくれる。何度裏切られても、
何度でもまた信じてくれる。
そして愛された以上に無償の愛情を返してくれる
生き物なんだね。

 1万年以上も前から今日に至るまで、犬と人間は良き
パートナーだったんだもの。人間を愛することを
やめないでいてくれてありがとう。

1.一緒にいた2匹を両方家族に迎え入れた
c0072801_0292484.jpg
2.寂しそうだったスポ―キーさんのこの笑顔!
c0072801_0294951.jpg
3.ジャクソンさんもお腹を大解放するほどに元気になった
c0072801_0302256.jpg
4.かなり衰弱していたマックスさんだが毛並みも豊かに
c0072801_0305457.jpg
5.ピットブルも凛々しくなった
c0072801_0311071.jpg
6.ガリガリだったウィスキーパーティーさんもふっくらしてきたよ
c0072801_031335.jpg
7.おどおどしていたシャーロットさんもこんなに明るく
c0072801_0315891.jpg
8.立派な犬に成長したね
c0072801_0323295.jpg
9.しょんぼり顔から笑顔へ
c0072801_0325712.jpg
10.ハーシェルさんもこんなに立派に
c0072801_0332147.jpg
11.草の中を走り回るベラさんの楽しそうなこと
c0072801_0333538.jpg
12.ジャスパーさんも大きくなった
c0072801_0334917.jpg
13.心を閉ざしていたディランさんも今では笑顔を絶やさない
c0072801_034187.jpg
14.元気ないたずらっ子となったジギーさん
c0072801_0343284.jpg
15.目の輝きが全然ちがうペニーさん
c0072801_0344826.jpg
16.ウォレスさんもこんなに楽しそう
c0072801_0352138.jpg
17.イケメンになったね、スティーブさん。
c0072801_0354448.jpg
via:twistedsifter.
▼あわせて読みたい
命絶え絶えに生きていた捨て犬たちが保護された後、
瞳に輝きが戻るとき。捨て犬たちのビフォア・アフター Part2


もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。
捨て犬たちのビフォア・アフター写真


犬と人間の歴史がわかる古写真(1860年~1971年)

実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?
脳スキャンで明らかになった犬の本音は、
「それでも人間を愛してる」。(各国研究)


障害のある男の子のそばに寄り添い片時も離れない犬

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183529.html

c0072801_2246168.jpg
Before and After Pics of Animals Who Have Been Adopted (25 pics)

猫編。
2015年03月26日 これぞ九死に一生。
人間の手により救出された猫たちのビフォア・アフター(閲覧注意)
c0072801_21291218.jpg
 猫の命は9つあると言われている。その命のほとんどを費やして
死の瀬戸際から生還した猫がいる。そこには猫たちをなんとか
助けたい人間の尽力がある。だがその尊い命が消えかけた
原因も人間である場合も多い。

 猫の数だけドラマがある。無事に助け出された猫もいれば、
人知れず命の炎が消えていった猫。その違いはどこにあるのか
わからない。いう間でもなく助からない命の方の方がはるかに
多いだろう。だが、ひん死の重傷を負っても持ち前の生命力で
ここまで元気に育った猫たちを見れば、生きることを決して
諦めない猫たちから多くの勇気をもらえることだろう。

1.生後2週間で側溝から救出されたルイ、
今では一家のヌシである。
c0072801_21295774.jpg
2.火事から生還したジャスティン
c0072801_21301332.jpg
3.感電事故にあったバニー。
数か月後にはこんなにイケメンに。
c0072801_21305544.jpg
4.箱に入って捨てられていた数匹の猫。保護団体が発見したが
生き残ったのはこの1匹だけだった。
発見当初目が見えなかった
が、6か月後、元気になって目も回復し
こんなにかわいくなった。



c0072801_2131509.jpg
5.車のエンジンルームで暖を取っていたビスケット氏。
やけどを負い、片耳を失ったが元気になった。
c0072801_2132490.jpg
6.生死が危ぶまれていた子猫、奇跡の生還を果たした
c0072801_21323919.jpg
7.ボロボロだった捨て猫、
良い飼い主に恵まれ今では目もぱっちり
c0072801_21333941.jpg
8.体中に傷を負い、ウジ虫だらけだったコダマさん。
その6年後。今ではとても幸せそうに暮らしているという。
c0072801_21335376.jpg
9.体毛が失われていたリトル・スチュアート。
つきっきりの看病で今ではモフっと回復
c0072801_21342598.jpg
10.顔をけがしていた野良猫、飼い猫となった今、
美猫となる。
c0072801_21345832.jpg
11.痩せこけた野良猫だったスカウト氏、
いまでは立派な猫となる。
c0072801_21352984.jpg
12.排水口で発見されたスパイダー。
優しい人と巡り合い自宅警備をこなす日々
c0072801_2135598.jpg
13.目に感染症を持っていたティリオン。
片目は失ったもののたっぷりの愛情を得ることができた。
c0072801_21363043.jpg
14.道路でひかれていたところを助けられたダンカン。
その1年後、事故の影はまるでない。
c0072801_2137837.jpg
15.シャム猫のベニーの激的ビフォア・アフター
c0072801_21374613.jpg
16.重傷を負ってゴミ箱で発見されたエレノア。
今はハッピーハウスで過ごしている。
c0072801_21381576.jpg
17.絶望的状態で救出されたが、真っ白なモフモフの美猫に
c0072801_21384049.jpg
18.車にはねられ道路脇で発見されたビー。
片目は失ったが凛々しい姿となった。
c0072801_21392984.jpg
19.飼い主に虐待されていたというオリバー、
その12週間後。飼い主が違うとここまで変わる。
c0072801_2140719.jpg
20.わずか1週間で劇的に変わった救出猫、ペンギン。
c0072801_21404074.jpg
21.路上でこのボロボロになっていた子猫にエサをねだられた
人が、この猫を家で飼うことに。
こんなにかわいらしくなった。
c0072801_21412268.jpg
22.発見当初、薄汚れて痩せこけていたピーターも
こんなに立派に。
via:.boredpanda
▼あわせて読みたい
とっておきの猫動画、目の見えない猫を保護した人の
1か月の記録映像、そしてその後・・・


子猫時代と同じ背景でハイ!ポーズ。
猫たちのビフォア・アフター写真


9つの命を持つ猫。ボロボロの状態だった猫が拾われて
再び命の灯火がともる。捨て猫ビフォア・アフター写真。


こんなに大きくなったのニャン!
対象物で猫の成長っぷりがわかるビフォア・アフター写真集


ボッチになっちゃたけどこんなに元気。
強運の持ち主、子猫のニキータ


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188102.html

<里親募集>「がんの犬」はウソ
飯舘拠点に活動の保護団体
毎日新聞社 2015年4月9日 00時59分
(2015年4月9日 09時39分 更新)

 東京電力福島第1原発事故で全村避難となった福島県
飯舘村を拠点に、犬の保護活動を展開しているボランティア
団体代表の男性が、フェイスブックに「末期がんの犬」
などと虚偽の投稿を繰り返して引き取り手を探していたこと
が分かった。里親らへの取材で、このような例が
4件確認された。
里親らは「可哀そうな犬に仕立てて同情を集める手法は
おかしい」と批判。代表は「正しい病状を確認せず
投稿していた。無責任だった」と釈明している。

 団体は「福光(ふっこう)の家」。代表によると、
原発事故後、飯舘村の許可を得ないまま村内に動物保護施設
を造り、約30頭の犬を預かっている。この他、
全国の保健所に保護された犬の里親探しもしている。

 岡山県高梁市の男性(50)は一昨年9月、フェイスブック
で「末期の脾臓(ひぞう)がん」で余命数カ月から1年の
犬の里親を求める投稿を見付けた。同情した男性は
「少しの期間でも一緒に暮らそう」と思い、引き取った。
それから1年以上たった頃、男性が犬の病状の進行などを
確認するため、引き取る前に「がんの手術をした」
(団体側)とされる動物病院に問い合わせると、
「がんではない」と言われた。院長は取材に「脾臓を
全摘出したのは別の病気が原因。腫瘍はあったが
良性だった」と話した。

 他の里親や団体の関係者への取材によると、福光の家代表
は沖縄県の保健所にいた犬について「末期がんで余命1週間」
と書き込んでいたが、関東地方の女性に引き取られた後で
がんではないことが判明。茨城県や大阪府の保健所などが
保護した犬についても、それぞれ「近親交配で欠陥がある」
「大けがで歩けない」と記載していたが、里親が引き取ると
2匹ともほとんど障害がなかった。

 里親たちは「結果的に犬が元気だったのはうれしいが、
事実を伝えるべきだ」と憤っている。代表は「正しい病状を
確認する余裕がなかった」と話している。【原田悠自】
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150409/Mainichi_20150409k0000m040136000c.html

All This Homeless Dog Needed Was
a Little Loving Care (15 pics)
22 Jul 2015
バリ島の街中では野良犬をよく見かける。
彼女“ケルシー”は特にひどく、橋の近くでやせ細っていた。
c0072801_20363167.jpg
彼女は栄養失調で骨と皮のような姿で、
衰弱しきっていた。
c0072801_2037248.jpg
発見者は彼女が数ヶ月は飢餓状態であったろうと考え、
保護することにした。彼女もまた発見者を信用したようだ。
c0072801_20372921.jpg
まずは獣医のもとに連れて行って診察を受け、
治療と介護を続けることにした。
c0072801_20375779.jpg
c0072801_20382489.jpg

c0072801_20384761.jpg

c0072801_20391814.jpg
3週間後には足も引きずらなくなり、
体中の傷も治まってきた。
c0072801_20395648.jpg
他の犬達とも遊んで元気に暮らせるようになってきた。
c0072801_20403421.jpg
2週間後の姿。
c0072801_20422911.jpg
4ヵ月後には体毛も生えそろってきて、
明るくエネルギーに満ちた姿に戻ってきた。
c0072801_20432088.jpg
彼女のこの洗練された姿から、誰があの橋で衰弱した
みすぼらしい雑種であったと思うだろうか。
c0072801_20434554.jpg
c0072801_2044942.jpg
ケルシーは“白雪姫”だったのだ。
c0072801_20445169.jpg
愛は奇跡をもたらす!
c0072801_20451517.jpg

Kisah Anjing Dari Bali yang
Bikin Dunia Menitikkan Air Mata

http://izismile.com/2015/07/22/all_this_homeless_dog_needed_was_a_little_loving_care_15_pics.html

785 医療汚染

たー
余命プロジェクトチームの皆様、
ブログ読者の皆様お疲れ様です。
集団ストーカーの件でお世話になった【たー】です。
皆さんは【パピーミル】というのをご存知でしょうか?
パピーミルとは利益優先で犬猫を繁殖させている
悪徳ブリーダーの事です。
その大半はもちろん在日だと言われています。
犬1頭当たりの生産性は高くないため、
効率を上げるにはたくさんの母体が必要です。
頭数が多くなればそれだけコストが掛かることに
なりますが、犬猫は様々な部分をコストカットしても、
命ある限り仔犬・仔猫を生んでくれます。
劣悪な環境で一生ゲージの中で散歩する事もなく
少量の粗悪なフードで母犬は子犬に栄養を取られ、
痩せ細り糞尿まみれの中で懸命に子犬の世話をしています。
病気になっても治療もされず死ぬより辛い時間が続き
この世に生まれて良かったと思う事のないようなまま
死んでいきます。
繁殖を行なうのに試験はなく、特別な資格もいりません。
行政に申請し、許可を受けていれば誰でも繁殖できますし、
不衛生な状態で繁殖を行なっていても、注意を受ける
程度で、登録が抹消されることはほとんどありません。
規制は厳しくなっていますが、それをもとに取り締まりが
強化されなければ、いくら厳しくなっても
現状は変わりません。
今、僕の家には悪徳ブリーダーから保護した犬がいます。
その子は今までの人生を取り戻すかの様に
楽しそうにしています。
その姿を見ているだけで涙がでてきます。
皆さんもペットを飼いたいのなら命をお金で
買うのではなく保護犬・猫の里親になって下さい、
在日達の資金源を断つ意味でもあります。
一度【パピーミル】を検索して下さい、
本当に酷い現状です。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/24/785-%e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b1%9a%e6%9f%93/

2016年11月19日
人間から虐待を受け続けてきた犬が心を開くとき。
ある保護犬の物語(アメリカ)
c0072801_5411853.jpg
 米テネシー州にて、飼い主に酷い虐待を受けたあげくに
捨てられ、傷だらけでシェルターに収容されたニヤという
2歳の犬がいた。
 人間との関りを拒否し、すべてに疲れ果てていた彼女は、
犬の里親探しを行う保護団体の救いの手にすら怯え、
歩くこともできなかった。
 心と体に深手を負いながらも少しずつ回復に向かう
ニヤを支えるスタッフの一人が、救出時の彼女の様子と
経過を綴っていた。その一部がこちらだ。

その犬は人間から虐待を受け続けていた

 犬の保護団体アロードッグレスキューで働くキンバリー・
スローンさんは、つい最近自分の仕事の意義をあらためて
実感した。それはある一匹の犬の救出がきっかけだった。

 スローンさんは米テネシー州トレントンのギブソン郡
動物シェルターから、飼い主に放棄されたニヤという名の
2歳の犬を一旦自宅に連れ帰ることになっていた。
シェルターに着くと、あちこちに傷があり不安そうな
様子のニヤがいた。
c0072801_5461049.jpg
image credit:Arrow Dog Rescue

 これまで何百匹もの犬の救助をしていたスローンさんは、
ニヤの姿を見て彼女が様々な形で傷つけられていたことに
すぐ気付いた。ニヤの目の上には、何かの道具で殴った
跡があり、鼻にも口輪でできたらしい傷があった。
 彼女は完全に心を閉ざしており、打ちひしがれていた。
そのうえ車に乗せようとしても恐怖のあまり動くことすら
できない状態だった。
c0072801_5465523.jpg
 スローンさんは20キロほどある彼女を抱きかかえて
車に運んだ。ニヤは脚の間にしっかりと尾を隠して
震えていて、触れようとすると縮こまるほどおびえていた。
c0072801_5471257.jpg
 家に着くと、ニヤは部屋の隅で一晩中眠り、
翌日も眠り続けた。さらにもう一晩、彼女は眠った。
c0072801_545498.jpg
gif

それでも人間を信じたかった

 しかし、2回目の晩にあたる日曜の夜、ベッドで眠って
いたスローンさんは何かの気配を感じた。ベッドの外に
出した自分の手に何かの暖かい息がかかっているのだ。
 それはニヤの口だった。
彼女の口が自分の手を押しているのだ。
c0072801_5504085.jpg
 その感触に気付いた瞬間に目覚めたスローンさんは、
ニヤを撫でさすり話しかけた。すると彼女は微笑み、
体を寄せてきた。そしてしばらくすると、
ニヤはベッドに戻った。
 数時間後、ニヤは再びスローンさんところにやってきて
同じことを繰り返した。それは自分がこの場所にいて
いいの?と尋ねているような仕草だった。
 人に傷つけられて絶望し、全てを拒絶しおびえながらも、
人とのふれあいを求めるニヤの姿にひどく胸が締め付けられ、
スローンさんは思わず泣いてしまった。
c0072801_551277.jpg
犬だって愛されたい

 そして現在、彼女はしぶとい寄生虫と戦いながらも
回復に向かっていて、スローンさんの家族にも
打ち解けつつある。

動物病院の帰りに、微笑んだニヤ
c0072801_5533492.jpg
ようやく本物のベッドに落ち着いた
c0072801_5543510.jpg
犬の友だちに気づき、ちょっとだけしっぽを振っていた
c0072801_5554427.jpg
gif

 これまで保護された犬たちのなかでも、
ニヤは特に時間が必要な犬だという。彼女が里親を探しに
参加するにはあと数か月はかかりそうだが、
少しずつ元気になってきている。

最近のニヤ
Niya and Cheyenne

ニヤの様子はFacebookからもチェックできる。

via:thedodoarrowdogrescue・translated D
/ edited by parumo

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52228784.html

2016年12月21日
空っぽの家に置き去りにされていた孤独な犬、
里親に迎え入れられた今でも人の気配を常に追い求める日々
c0072801_2225424.jpg
 アメリカのニューヨーク郊外の空き家でたった1匹で
暮らす犬がいた。彼はジャーマンシェパードの血を引く
犬で名はハムという。しかし彼は野良犬ではない。
飼い主が所有する空き家に置き去りにされたのだ。

 かつてハムは飼い主一家とともに暮らしていた。
だがいつの間にか家族は彼を邪魔もの扱いするように
なった。彼は家の中に毛を落とし、忙しい時でも散歩を
要求する面倒なペットだったからだ。そしてある日、
ハムは飼い主が所有する空き家に置き去りにされた。

 そんなハムの境遇を知った保護団体のスタッフは、
世界で最も孤独な彼の物語を投稿し、里親探しを進めて
いた。すると空き家の近所に住む動物好きな夫婦が
名乗りを上げ、ハムを一員に迎えたのだ。

孤独だったハム、
家族ができた今でもまわりの気配を確認する日々

 新しい家族に囲まれて眠る最初の夜、ハムは自分のいる
場所を確かめるように何度も起き上がっていた。
彼はリビングルームにある自分のベットに横になりながら、
時々頭を持ち上げて、何度も自分の周囲をチェック
していたという。

 そしてまわりに誰かいるのがわかると安心して
 また眠りにつく。それは1週間たった今でも続いている。
c0072801_22261728.jpg
image credit:Neil Abramson

空き家の窓のそばで人々を眺めていた日々

 ハムのこうした妙な行動は彼のこれまでの環境を
考えれば仕方のないことかもしれない。彼は空っぽの家に
閉じ込められ、ひとりぼっちで過ごしていたのだ。
 ハムの過去を知る動物福祉団体のリサ・ハートによると、
以前空き家で暮らしていた頃のハムは窓のそばに座り、
人々が通り過ぎるのをひたすら眺めていたという。

 ハートはハムの元飼い主から"ハムの引き取り手を
見つけてくれないか"、と相談されていた。
つまり見つからなければシェルター行きの
選択肢しかないということだ。
c0072801_22264291.jpg
image credit:Lisa Heart

 彼の境遇を知ったハートはできるだけ頻繁に空き家を
訪問し、ハムを連れてよく散歩に出かけた。
そして無人の家に帰る時間になると
ハムはいつも鳴いていた。
c0072801_2227262.jpg
image credit:Lisa Heart

近所の動物好きな一家がハムの里親に立候補

 こんなのは絶対間違ってる。そう思っていたハートの
所属団体に、ある日思いがけない連絡が入った。それは
ハムの物語に目をとめた動物好きな夫婦からの問い合わせ
だった。彼らはハムの空き家のそばに住んでいたのだ。

 彼を迎えたいと申し出た新しい家族は、動物福祉の
弁護士であるニール・エイブラムソンと彼の妻で獣医の
エイミー・ロドリゲスとその子どもたちだった。彼らは
マンハッタン郊外の家でありとあらゆる動物と暮らしていた。
 
 夫婦はかねてから悲しい境遇にある動物たちの話を
見聞きしていたものの、その情報の発信地はほとんどが
遠すぎて現実には何もできないことに心を痛めていた。
 だが、ハムの場所は自分たちが住んでる場所から車で
20分ほどのところにあると知り、
早速連絡を取ることにしたという。

ハムの新しい犬生は寂しさとは無縁に

 ハムは広大な敷地に建つ新たな家と家族を手に入れた。
そこには犬や猫だけでなく、ブタやニワトリ、亀にウサギ、
さらにオウムや馬までおり、そのすべてがかつて
保護された過去をもっていた。
c0072801_22274618.jpg
image credit:Neil Abramson

 到着したハムは積極的に動物たちと挨拶を交わし、
4匹の犬の仲間たちからは熱烈な歓迎を受けた。
8匹の猫たちからは遠巻きに品定めされ、オウムからは
鼻をくちばしではさまれたりしたものの、
はじめてみた馬に興味津々のハム。
c0072801_22282224.jpg
image credit:Lisa Heart

 新たな家で迎えた記念すべき第一夜。だがハムは、
ひとりぼっちでないことを確認するように30分おきに
目を覚ました。そしてそれは今でも続いている。
エイブラムソンは、彼の浅い眠りがいつか普通の
睡眠になることを願っている。
c0072801_222834100.jpg
image credit:Neil Abramson

 空き家に置き去りにされた恐怖と不安を忘れ、
たくさんの仲間たちと目いっぱい遊んでぐっすり眠る。
それがハムの日常となる日をみんなが待ちわびている。

via:thedodo・translated D/ edited by parumo
▼あわせて読みたい
嬉しさ2倍、悲しみは半分。
犬が家族でいてくれて本当によかった。


犬には人間と同じような感情がある。
悲しそうな表情で目に涙を浮かべ、
亡くなった兄弟犬の体から離れようとしない犬


犬の留守番は4時間が限界。
孤独に耐えられない犬は飼い主の居ない間に
問題行動を起こす。その対処法とは?


例えほんのひとときでも。
離れ離れになるのが寂しいペットと飼い主の悲しみの瞬間


毎日のようにガレージに侵入し、犬をギュっと抱きしめて
速攻帰っていく少年。彼にはこんな事情があった。


http://karapaia.com/archives/52230752.html

by huttonde | 2015-01-29 04:59 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
<< 久々浮世絵 11 指ポキ問答 >>