カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1NEWS
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース
もえるあじあ(・∀・)

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
廃墟改め 40
物悲しさだけじゃない!
気鋭の写真家が魅せるスタイリッシュな廃墟写真
June 23, 2015
c0072801_6322621.jpg
1987年にフランス西部ポワティエで生まれた
フランス系ドイツ人、David de Rueda。
彼の撮影する廃墟写真は、廃墟が持つ物悲しさや
怖さだけを切り取ったものではなく、
スタイリッシュさを兼ね備えています。
LVMHが主催するコンテストで脚光を浴びたことから
わかるように、今後も彼の写真を廃墟界隈に
新風を吹き込むことでしょう。
c0072801_6325292.jpg




c0072801_633838.jpg
c0072801_6332891.jpg
c0072801_6334824.jpg
c0072801_6342382.jpg
c0072801_6343867.jpg
c0072801_6345595.jpg
c0072801_635827.jpg
via Abandoned Places of Europe by David de Rueda
http://blog.nakatanigo.net/design/50820621

David de Rueda | Photography & Films
David de Rueda photography - Facebook

2015年07月03日
ソ連崩壊で頓挫した幻のロシア製有人宇宙船「ブラン」の今
c0072801_061460.jpg
旧ソ連時代を含めてロシアのすべての有人宇宙船の
打ち上げに使われているバイコヌール宇宙基地は、
今年で生誕60周年を迎えました。そのバイコヌール
宇宙基地の片隅に、ロシアの宇宙開発の歴史に
埋もれた幻の有人宇宙船「ブラン」が眠る施設が
ひっそりと存在しています。

Записки пиццеежки - В спальне бога
http://ralphmirebs.livejournal.com/219949.html

バイコヌール宇宙基地はアラル海の東に位置する
カザフスタン・チュラタムにあります。
そのバイコヌール宇宙基地の広大な敷地内にある
最大の施設「Prikampromproekt」。
c0072801_010033.jpg
高さは62メートル、全長132メートルのPrikampromproektは、
他の建物と比べても圧倒的な大きさです。
c0072801_0133659.jpg
内部はこんな感じ。
c0072801_014660.jpg
なぜこんなに大きいのかというと、
オービタ「ブラン」を保管しているから。
c0072801_0163146.jpg
c0072801_0164879.jpg
2機のブランが保管されています。
c0072801_018827.jpg
c0072801_0182268.jpg
1991年のソ連崩壊のあおりを受けて有人宇宙船ブランの
開発計画は中止され、現在も再開されていません。
これらの2機のオービタは旧ソ連の宇宙開発計画の
歴史の遺物というわけです。
c0072801_0195262.jpg
施設内には400トンの重さを持ち上げられる
クレーンが3基設置済み。
c0072801_0201987.jpg
内部は昔ながらの白熱灯で照らされるとのこと。
c0072801_0221257.jpg
側面にはあらゆる高さで作業が可能なように、
数十階分の通路がもうけられています。
c0072801_023716.jpg
c0072801_0233515.jpg
通路は荒れ果てた状態。
c0072801_0244043.jpg
ブランを取り囲めるようにジャングルジムのように
組まれた足場の数々。
c0072801_2583962.jpg
c0072801_2591863.jpg
ブランに乗り込む際のボーディング・ブリッジ。
c0072801_302621.jpg
万一、ロケットが爆発した際に生じる衝撃波にも
耐えられるように、施設内は巨大な鉄の柱と梁で
覆われています。
c0072801_315974.jpg
ブランは1992年に初の有人飛行が計画されており華々しく
宇宙デビューする予定でした。なお、ブランの機体には
スペースシャトルと異なり推進用のメインエンジンは
搭載されておらず、大型ロケット「エネルギア」で
軌道まで運ばれます。
c0072801_35522.jpg
在りし日のプラン。
c0072801_362345.jpg
今はこんな感じで古ぼけています。
c0072801_38526.jpg
c0072801_394242.jpg
ウマ(=リジッドラック、馬ジャッキ)をかけて
機体は持ち上げられた状態。
c0072801_3133829.jpg
機体の表面の塗装もところどころはげてしまっています。
c0072801_3151932.jpg
c0072801_3164959.jpg
c0072801_317358.jpg
機首部分。
c0072801_3185240.jpg
20年以上も野ざらしにされたブランは、
渡り鳥の糞に汚されてしまったとのこと。
c0072801_3221980.jpg
c0072801_3223137.jpg
逆噴射ロケットはほぼ無傷。
c0072801_3235035.jpg
c0072801_3253836.jpg
もう1機のブランは比較的、損傷が少ないようです。
c0072801_3262916.jpg
耐熱タイルが張り巡らされています。
c0072801_3274740.jpg
c0072801_3291924.jpg
ブランを支えるウマはレールに乗せられており
機体を移動させられます。
c0072801_3302848.jpg
c0072801_3305732.jpg
ブランの内部は開発当時のまま。
c0072801_3314488.jpg
コクピットはこんな感じ。
c0072801_3324242.jpg
ペイロード部分。
c0072801_3341461.jpg
c0072801_3353355.jpg
c0072801_3362552.jpg
エンジン部分。
c0072801_3372166.jpg
保存状態は良さそうです。
c0072801_3382347.jpg
c0072801_3385221.jpg
c0072801_3405815.jpg
c0072801_341223.jpg
ロシアの宇宙開発計画は現在も旧ソ連時代の遺産を活用
し続けており、新しい宇宙船の開発はありません。
冷戦が終結し、宇宙開発競争の相手だったアメリカの
スペースシャトルも引退した今、トーンダウンするロシアの
宇宙船プロジェクトゆえに、栄光の歴史を物語る遺産として
ブランは今後も存在感を保ち続けそうです。
c0072801_34242100.jpg
http://gigazine.net/news/20150703-baikonur-cosmodrome-buran/

by huttonde | 2015-06-25 05:25 | 散歩とか風景 | Comments(0)
<< 景色の形式 529 各々諸事情 1262 >>