カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1NEWS
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース
もえるあじあ(・∀・)

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一番いいのは食わぬこと
2006.01.27
肥満のもと「ファストフード」と賢く付き合う方法

【働き盛りのための健康法】
 ビジネスの合間など手軽に食べられるファストフードは依然人気だ。しかし、フライドポテトやハンバーガーの成分には注意が必要だし、食べ方によっては肥満の温床にも。(2006.1.19掲載)

 そこで、ファストフードと賢くつきあう西海岸流の食べ方をご紹介しよう。

★フライドポテト
 紙やプラスチックなどを製造したり、飲み水を浄化する工程で検出される化学物質のアクリルアミドは発がん性物質としてよく知られているが、米国立がんセンター研究所によると、通常、私たちが食するフライドポテトやポテトチップスなどにもアクリルアミドが含まれていることがスウェーデンの研究者によって判明している。
 この調査では、調理していない食品や沸騰させた食品からはアクリルアミドは検出されないのだが、120℃以上の高温で揚げたり、焼いたりした行程で多量のアクリルアミドが作り出されることがわかった。
 しかし現段階では、アクリルアミドを取り続けたネズミが、がんになることや、多量のアクリルアミドの摂取が人間の神経にダメージを与えることは判明しているのだが、どのくらいの量を摂取することでがんを引き起こすのか、因果関係は明らかにされていない。
 しかし、いずれにしても、フライドポテトの摂取量を少なくするなどの処置を取ることが賢明だと思われる。

★ハンバーガー
 リン酸塩は練り製品の歯ごたえを良くしたり、ハンバーガーに使用する肉やハム類の結着剤として使われている食品添加物だ。
 リン酸塩自体には安全性に問題はないといわれているが、こちらも多量摂取によって、カルシウムとのバランスをくずしカルシウム不足になることが指摘されているため、できるだけハンバーガーなどの摂取回数を減らすことが望ましいといえる。

★脂肪と肥満
 米国立心肺血液研究所は、10代でファストフードを頻繁に食べると体重が増加し、40代前半でインシュリン抵抗性(脂肪組織や筋組織でのインシュリンの作用不足)になることを明らかにした。
 アメリカの調査では、週に2回ファストフードを食べたグループと週に1度かそれ以下のグループを15年後に比較調査した結果、週に2回ファストフードを食したグループは、体重が約5㌔増加し、インシュリン抵抗性が著しく増加していることがわかった。インシュリン抵抗性は糖尿病や、さらには心臓病を促す症状だ。

★栄養バランス
 アメリカでは最近30年でファストフードの消費量が著しく増加している。
 疫学博士のマーク・ぺイラ氏はファストフード飲食店では、高脂肪、多量な糖分、高カロリー、低食物繊維、低栄養が大半であることを指摘している。スーパーの食品のように材料表示がなされないため、調理の際にどれほどの脂分や糖分、塩分が使われたかなどを知ることが不可能だ。このため栄養バランスの取れた食事を取ることが難しくなってくる。
 また主要な栄養素として不可欠な果物や野菜が少ないことも挙げられる。特に、高脂肪や多量の糖分、塩分を控える必要のある高血圧、糖尿病、心臓病にかかっている人はファストフード店での食事には十分に注意する必要がある。
(後略)
http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/01/post_4650.html

健康ついで。

ポリフェノール3倍のワイン開発
=グラス1杯で十分「弱い人に朗報」-山梨大
2006/01/11-06:51
 山梨大学ワイン科学研究センターは、動脈硬化を防ぐなど体に良いとされるポリフェノールの含有量を、通常の3倍に増やしたブドウと赤ワインの開発に成功した。商品化を計画しており、横塚弘毅副学長(発酵化学)は「グラス一杯でも多量摂取でき、酒の弱い人に朗報」と話している。
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=060111065101X809&genre=soc

2006.01.17 魚(EPA)で心臓病予防
夕刊フジBLOG

【健康に効く食べ物】
 厳しい寒さを乗り切るには、アラスカなど極寒の地に住む人々の生活が参考になる。かの地で主食とされる魚や、アザラシには、EPA(エイコサペンタエン酸)など良質の脂がたっぷり。そのため動脈硬化による心臓病になりにくい。EPA効果は最近、日本人約2万人を対象にした大規模な臨床試験でも確認された。この時期、寒ブリがオススメだ。(2006.01.10掲載)

★EPAが中性脂肪を減らす
 EPAはなぜ、動脈硬化が原因の心臓病になるリスクを下げるのか。まず、EPAに含まれる脂肪(脂質)の一種、不飽和脂肪酸には、血液が固まって冠動脈と呼ぶ心臓の血管が詰まるのを防ぐ働き(抗血栓作用)があることは、わかっている。が、問題はそれが何によるかだ。
 EPAによる心臓病予防効果(別項)について先ごろ、米国心臓協議会学術集会で発表した、横山光宏・神戸大学医学部教授が説明する。
 「まだメカニズムははっきりはしないが、EPAの働き方は、(コレステロールを下げる薬の)スタチンとは違うようです。EPAはむしろ中性脂肪を減らすことによって、血液を固まりにくくして動脈硬化を防ぐ、と考えられます」
 血液中には脂肪酸など4種類の脂肪があるが、その中で動脈硬化の原因になるのがコレステロールと中性脂肪だ。
 「最近の研究で、動脈硬化は炎症が起きてなる病気だということがわかってきました。特にEPAには、その炎症が起きてできる物質(炎症性物質)をできにくくする働きがあり、その点でも注目されます」

★中性脂肪150以上は要注意
 ちなみに、総コレステロール=悪玉コレステロール+善玉コレステロール+中性脂肪÷5という数式が成り立つ、という。コレステロールと中性脂肪は密接な関係にある。しかも、中性脂肪が増えれば、動脈硬化を抑える善玉コレステロールが減る関係にあるというから、要注意だ。
 「単に総コレステロール値だけでなく、中性脂肪が150ミリグラム/dl以上の場合に注意が必要で、その際にEPAが役に立ちます」

★寒ブリでおいしく取る
 横山氏は試験結果を基に、「サンマやサバなどEPAの多い青魚をたくさん食べて、動脈硬化による心臓病を防ぎましょう」と呼びかける。
 他にイワシにもEPAが多く、特に今の季節だと、日本海で水揚げされる寒ブリにも多い、というからうれしい。天然ブリは刺身によし、ブリ大根もまたよしだ。

★サプリメントは取りすぎに注意する
 問題はEPAのサプリメントだ。EPAは血液を固まりにくくするだけに、副作用として出血しやすくなるという。
 「サプリメントのEPAの濃度(純度)は高くても40-50%で、薬剤のそれよりは低い。しかし、魚から摂取するのと違い、過剰摂取になりがち。特に胃潰瘍や脳血性など出血性の病気がある場合には、注意が必要だ。サプリメントについては、まず医師に相談して下さい」
----------------------------
■EPAが多い魚
ヤツメウナギ   2030㎎
マイワシ     1380㎎
サバ       1210㎎
ブリ(天然)    899㎎
サンマ       844㎎
コノシロ      694㎎
ハタハタ      523㎎
サワラ       480㎎
=可食部(生)100g当たり
(科学技術庁「日本食品脂溶性成分表」など)
----------------------------
【EPAによる心臓病予防効果の介入試験】
 神戸大学医学部の横山光宏教授らのグループが昨年11月、米国心臓協議会学術集会で発表した。「コレステロールの値が高くても、心臓病になっていない人について、EPAの予防効果が、これだけの大規模な臨床試験で確認されたのは世界で初めて」(横山氏、以下同)。
 試験は04年11月まで、準備期間を含め約10年がかりで実施された。対象は、総コレステロール値が250ミリグラム/以上の、男女約1万8700人で、平均年齢61歳。うち男性3割。
 日本動脈硬化学会のガイドラインでは、コレステロール値が220ミリグラム/以上が高コレステロール血症とされるが、とくに「冠動脈疾患(心臓病)のリスクが高い250ミリグラム/dl以上の患者を対象に、試験した」。
 まず、全員にスタチンと呼ぶ、コレステロールを下げるのに極めて効果的な薬を飲ませた。うち半数に純度98%という薬剤のEPAのカプセル(化学合成)を飲ませ、EPAを飲まない残り半数のグループと比較した。
 「その結果、追跡期間中に心臓の突然死や心筋梗塞、狭心症などにかかった人の割合は、EPAを飲まないグループの3・5%に対し、EPAを飲んだグループは2・8%。つまり、心臓病になるリスクが約20%も減ることがわかりました」
 一方、スタチンによって、30-35%、心臓病リスクが減ることが証明された。「スタチンとEPAを併用すれば合計50-55%、心臓病になるリスクが半分になることを意味します」。
http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/01/post_4543.html

夕刊フジBLOG
サラリーマンを襲う病気
http://www.yukan-fuji.com/archives/cat22/index.html
働き盛りのための健康法
http://www.yukan-fuji.com/archives/cat23/index.html
健康に効く食べ物
http://www.yukan-fuji.com/archives/cat5/index.html
名医・名薬はコレだ
http://www.yukan-fuji.com/archives/cat40/index.html

【3/13】子供の頃に感染の可能性…中高年は要注意「C型肝炎」
【3/6】治療してても安心できない…怖い!大人の虫歯
【2/27】「花粉症」 早めの対策を
【2/20】生きたまま腸に届く 「植物性乳酸菌」の摂取を
【2/6】お風呂で健康 半身浴、ビヨクサイズのススメ
【1/30】食後高血糖 糖尿病の初期兆候
【1/23】統合失調症 早期発見で重症化を防ぐ
【1/16】メタボリックシンドローム 尿酸値で早期発見
【1/9】内臓肥満 ローズヒップで脂肪燃焼
【12/19】加齢黄斑変性-早期治療で失明防止
【12/5】インフルエンザ 美味い!予防法

SANSPO.COM-社会-健康サプリ
http://www.sanspo.com/shakai/genki/genki.html

<大豆イソフラボン>食事以外の摂取量は1日30ミリg程度
[ 01月31日 20時26分 ]

 大豆に含まれ、女性ホルモンに似た作用のある化学物質「大豆イソフラボン」について、食品安全委員会新開発食品専門調査会(上野川修一座長)は31日、厚生労働省の特定保健用食品(特保)として日常の食事とは別に摂取する場合は、1日の摂取量を30ミリグラム程度に抑えるべきだとする評価書案を大筋でまとめた。ただし、「(一般の)大豆食品の安全性を問題にしているわけではない」とし、特保として上乗せ摂取する場合の評価であることを強調している。

 大豆イソフラボンは、豆腐や納豆などに含まれる。評価書案によると、乳がんや骨粗しょう症の予防効果があるといわれる。一方で、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性なども考えられるため、調査会が摂取上限の目安を審議していた。

 調査会には、食べ物からの摂取量が平均的な閉経前の日本人女性21人に大豆イソフラボンを1日約57ミリグラムずつ追加摂取させると、血中の女性ホルモン濃度が約3割低下したなどの試験結果が提出された。調査会はこのデータなどから、特保として上乗せ摂取する場合の安全な上限値を57ミリグラムの約半分の約30ミリグラムと設定した。【高木昭午】
http://www.excite.co.jp/News/society/20060131202600/20060201M40.084.html

Excite エキサイト : 健康と医療
http://www.excite.co.jp/health_medical/
Excite エキサイト : 健康と医療>健康全般
http://www.excite.co.jp/health_medical/3587/

コンビニランチでも健康を維持しよう!
http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/special/c_lunch01/c_lunch01.html

いきいき健康 NIKKEI NET
http://health.nikkei.co.jp/
[健康・医療]All About http://allabout.co.jp/health/
家庭の医学
薬について
女性の健康
女性の生理と肌ストレス
ストレス
心の病気
睡眠・快眠
目の健康
食と健康
肩こり・腰痛
糖尿病
アトピー
歯の健康
All About 関連情報
フットケア・足の健康
サプリメント・健康食品
アロマテラピー
不妊治療
介護

医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/

by huttonde | 2006-01-29 06:48 | 健康を気にする | Comments(0)
<< ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン 陸自最新研究資料が総連系団体に流出 >>