カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1NEWS
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
捕鯨を考えるの巻 補足
道路の死骸を拾って食べる男 英

【SkyNews/BBC】針鼠のカルボナーラ、アナグマのサンドウィッチ ― これらはアーサー・ボイト氏が大好物とするレシピである。元公務員であるアーサー氏の生きがいは、車に轢かれた動物の死骸を拾って、調理して食べることだという。これまでアーサー氏が食べた動物はイタチ、キツネ、スズメ、キジ ― 或いはもっと一般的なものではハトや鹿 ― に及んでいる。「おかげさまで冷蔵庫はいつも一杯です(写真)。食べることには、何の躊躇いもありませんね。」アーサー氏がこれら変わった動物の味に目覚めたのは、今から約50年前のことである。
(後略)
http://x51.org/x/06/02/0244.php

昨年の世界の平均気温、観測史上2位…温暖化進む

 気象庁は2日、昨年の世界の平均気温は平年より0・32度高く、1891年に統計を取り始めて以来、1998年に次いで2番目に高かったと発表した。
 同庁は、「地球温暖化が徐々に進んでいることの表れ」と分析している。
 気象庁によると、気温が特に高かったのはシベリアや北欧で、ロシアのタルコサレでは平年より3・2度高く、フィンランドのソダンキュラでは2・2度高かった。
 また大西洋の熱帯付近の海面温度が1~2度高かったため、大西洋では過去最高の年間14個のハリケーンが発生。この中には昨年8月下旬、米国南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」も含まれている。
 一方、日本の昨年の平均気温は、昨年12月の記録的な寒波が影響して平年のプラス0・18度にとどまった。1898年に統計を取り始めて以降、14番目の高さだった。
(2006年2月2日23時24分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060202i215.htm

空腹なケニア人はドッグフードプランを支持します。
2006年2月2日
空腹な子供を救うためにドッグフードのニュージーランドから申し出に反応するケニア人は、彼らが餓死するよりドッグフードを食べる方がましであると言いました。
エキサイト翻訳
http://www.news.com.au/story/0,10117,18015032-23109,00.html

ケニヤ政府、飢餓救援の犬用食品提供を「文化的侮辱」と拒否

[ナイロビ 31日 ロイター] 犬用ビスケットを販売しているニュージーランドの会社が、飢えに苦しんでいる子供たちを助けようと、犬用粉末食品の提供をケニヤに申し出たところ、同国政府から「文化的な侮辱」として拒否されていたことが分かった。
 ケニヤの主要紙の一面に掲載されたこの件について、同国の政府報道官はロイターに対し「ケニヤの子供たちはドッグフードを食べなければならないほど絶望的な状態にはない」と述べた。
 ケニヤの地元紙によると、ニュージーランドのMighty Mixという会社の創業者クリスティーン・ドラモンド氏から、ケニヤ西部で飢餓に苦しんでいる子供たちのために粉末状ドッグフードを提供するという申し出があった。
 最初に本件を報じたのはニュージーランドのザ・プレス紙(電子版)で、友人の子供がケニヤを訪問し同国の状況を知ったドラモンド氏は、粉末状ドッグフード6000箱の寄付をすることにしたという。
 同記事は、その粉末食品は水と混ぜればいつでも食べられるため、拡大を続ける食糧不足問題を緩和する助けになるとしている。
 ドラモンド氏は「(同食品は)子供たちが食べられる原材料から製造している。原材料の大部分はとうもろこしだ」とコメントしている。
 アフリカでは犬呼ばわりされることは最もひどい侮辱の1つであり、犬をペットとして飼う習慣はない。
(ロイター) - 2月1日20時18分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060201-00000857-reu-int

February 01, 2006  中川農相問題の本質は
Irregular Expression
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200602010038.html

農水省の大失態  【2/1(水)13:30】

(略)さて、先日背骨付肉が輸入されたが、なんとあれはアメリカと日本の両方の役人の大ポカであることが昨日判明した。農水省ルートいわく、

 「今回の輸入再開にあたり、事前にアメリカからのインボイス(どの部位を送りますよ、という事前の確認書と思ってください)が農水省にきた。実はそのインボイスには、ショートプレートなどの部位のほかに、「背骨付の肉」を送りますと書いてあったのだという。しかし、肉の部位というのは100種類以上あり、かなり専門の人間で無いとわからない。それに加えて英語で書かれていたものだから、農水省の下っ端はわからない。結局、ろくに確認せずOKという返事を出した。すると、当然ながら背骨付の肉が送られてきたわけだが、日本の検疫官は肉のプロ。箱を見ただけで「なんだこりゃ!」とすぐわかった」

 というのだ。アメリカ側がインボイスに「背骨付肉」と記載していたことについては、「アメリカなんてそんなもんだ。いい加減なんだ」と結論付けられた。アメリカ人は日本人のことなどどうでもいいのである。

 それはともかく、「いざ輸入再開してみると、一発目にいきなり背骨付肉が出た」と、洒落にならない事態をどうにか収集しなければ、と役人は躍起になっているらしい。日米両国の役人は上記の事実にすぐ気づいたため、早々と謝罪しているというわけである。この事実を知っているのは、日米両国の担当省庁、輸入を仕切る大商社、そして吉野家だという。農水省は今回の事態が表ざたになると中川農水大臣の辞任は避けられない。そのため農水省の輸入担当は、

 「今回のことは貸しと思ってください。必ず返しますから」

 と、省内や吉野家や商社の担当に相当きつく口止めして回っているのだという。脳死省もとい農水省というのは恐ろしいねぇ。でもうちは関係ない。全部書いてしまいますからね。間抜けな返答をした担当官の名前については、すでに一部の事情通に調べてもらっております。あとは、大マスコミにおまかせするところですな。
【nikaidou.com】
http://www.nikaidou.com/column01.html

民主調査団「米のBSE対策ずさん」・大手施設を視察

 訪米中の民主党のBSE(牛海綿状脳症)議員調査団の山岡賢次衆院議員らは31日、ワシントンで記者会見し、前日訪れたカンザス州の大手食肉加工施設の視察結果を公表した。処理中の牛の脊髄(せきずい)が周囲の肉に飛び散り、洗浄も不十分だったと指摘。米牛肉の輸入再開条件である特定危険部位(SRM)の除去がずさんだと米BSE対策を批判した。

 民主党の議員団が訪れたのは米食肉最大手タイソン・フーズの加工施設。調査団は牛の背中を切り裂く「背割り」の様子などを視察し、「脊髄液は周囲の肉に飛び散っていた」(山田正彦衆院議員)という。その後の洗浄も不十分で「出荷前の枝肉にも脊髄が付いていたのを確認した」(岡本充功衆院議員)。

 山岡議員らは「米国が約束していたSRMの除去は守られていない」と強調。帰国後に、小泉内閣の責任を問うとした。(ワシントン=吉田透) (12:37)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060201AT2M0100501022006.html

● 関連特集 BSE特集
http://health.nikkei.co.jp/bse/

大きな魚だけ捕っちゃ駄目 数世代後、繁殖力が低下
2006年(平成18年)1月28日(17:29)
 群れの中から体長の大きな魚ばかりを選んで捕り続けると、数世代後に、親の魚が生む卵の量が減ったり、幼魚が小さくなったりするなど繁殖能力が低下することが、米ニューヨーク州立大ストーニー・ブルック校と東京農業大生物産業学部(北海道網走市)の研究チームの実験で28日までに分かった。
 大きな魚が選択的に捕られたことで集団の遺伝子の構成が変わるとみられ、乱獲によって減少した漁業資源が、禁漁などの保護策でもなかなか回復しない原因の一つが明らかになった形だ。
 研究チームは、トウゴロウイワシの仲間の海水魚を、体の大きい方から90%を取り除く群と、小さい方から90%を取り除く群、規則性なく取り除く群の3つに分けて6世代にわたって実験室内で飼育。主に5世代目の魚の繁殖能力や運動能力をさまざまな方法で調べた。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=IBR&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006012801001701

脳症シカ肉に異常プリオン 米チーム「食べると危険」

【ワシントン26日共同】米国で野生のシカに広がっている海綿状脳症の1種、慢性消耗病(CWD)にかかったシカの筋肉に異常プリオンが含まれていることを、マウスへの感染実験で米ケンタッキー大などのチームが確認し、米科学誌サイエンス(電子版)に26日発表した。
 人間に感染するかどうかは確かめられていないが、チームは「感染したシカの肉に触ったり食べたりすると、異常プリオンにさらされる危険がある」と警告している。
 チームは米コロラド州の感染シカ5頭から採取した脚の筋肉の細胞を含む溶液を、CWDに感染するよう遺伝子操作したマウス36匹の脳に注射。平均1年2カ月後にすべてのマウスが神経症状を起こした上、脳からも異常プリオンが検出された。
 米国では1967年に初めてCWDが報告された後、10州以上で見つかっており、CWDのシカから人間が感染することに懸念が強まっている。
2006年01月27日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2006/01/2006012601003852.htm

NZの浜にクジラ123頭、日本人も救援参加
2005.12.21 更新
【シドニー21日共同】ニュージーランド南島北端にあるフェアウェル岬のプポンガ・ビーチで20日、ゴンドウクジラ123頭が浜辺に打ち上げられているのが見つかり、21日午前までに少なくとも19頭が死んだ。

ニュージーランドからの報道によると、動物保護の監視員やボランティアら約100人が駆け付け、クジラにぬれたシーツや毛布を掛けたり、海水を浴びせたりした。救援には旅行中の日本人女性も参加したという。

ゴンドウクジラは、大きいもので体長約5メートル。20日午後に60頭の群れと63頭の群れが別々に浜辺に打ち上げられた。
http://www.sanspo.com/sokuho/1221sokuho032.html

日本政府に抗議捕鯨反対で-17カ国が声明
2006.01.17 更新
【ロンドン17日共同】英政府は17日、同国やフランス、ブラジルなど17カ国が日本政府に対し、南極海での調査捕鯨に抗議する声明を出したことを明らかにした。

英環境・食糧・農村省によると、声明は昨年の国際捕鯨委員会(IWC)総会で日本の調査捕鯨拡大に反対する決議案が採択されていることを指摘し、鯨を殺す一切の科学調査を中止するよう求めている。ブラジルの駐日大使が同日までに外務省と農林水産省を訪れ、書面を手渡したという。

17カ国は以下の通り。英国、フランス、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、フィンランド、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、メキシコ、ニュージーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン。
http://www.sanspo.com/sokuho/0117sokuho072.html

調査捕鯨で衝突回避要請-豪、日本船団と抗議団体に
2006.01.16 更新
【シドニー16日共同】ロイター通信によると、オーストラリア政府は16日、南極海で調査捕鯨を行う日本の船団とこれに抗議している国際環境保護団体グリーンピースの双方に対し、衝突を回避するよう要請した。
日本の船団の周辺で8日、グリーンピースが抗議行動を行い、捕鯨母船「日新丸」(8030トン)とグリーンピースの監視船「アークティック・サンライズ」(949トン)が衝突。けが人はなかった。
船団を出している日本鯨類研究所は、グリーンピース側の船が日新丸の右舷と後部に計2回ぶつかってきたと説明。一方、グリーンピース側は、日新丸がグリーンピースの船に向かってきてぶつかったとしており、双方の主張は真っ向から対立、互いに非難していた。
ロイター通信によると、14日にはミンククジラを狙って発射されたもりがグリーンピースの抗議船に刺さりそうになったという。
http://www.sanspo.com/sokuho/0116sokuho026.html

2006年1月29日(日)8時21分
南ア、反捕鯨船を拿捕 安全証明書携帯せず 共同通信
2006年1月28日(土)8時54分
鯨肉の在庫、10年で倍増 調査捕鯨の供給過剰で 共同通信
2006年1月27日(金)10時6分
英国 日本捕鯨の批判広告を高級紙に掲載 環境保護派 毎日新聞
2006年1月26日(木)21時25分
<英国>日本捕鯨の批判広告を高級紙に掲載 環境保護派 毎日新聞
2006年1月26日(木)19時19分
<英国>日本捕鯨の批判広告を高級紙に掲載 環境保護派 毎日新聞
2006年1月26日(木)0時58分
日本捕鯨に批判広告 英紙、「テムズ川」絡め 共同通信
2006年1月25日(水)17時26分
「企業は世界一の配慮を」 星川新事務局長が会見 共同通信
2006年1月25日(水)16時6分
日本捕鯨に批判広告 英紙 共同通信
2006年1月20日(金)22時37分
調査捕鯨船団への抗議中止 燃料不足でグリーンピース 共同通信
2006年1月19日(木)7時54分
グリーンピース、クジラの死がいを在独日本大使館前で公開 ロイター
2006年1月17日(火)22時27分
捕鯨反対で17カ国が声明 日本政府に抗議 共同通信
2006年1月16日(月)19時49分
豪政府、応酬続く日本の捕鯨船とグリーンピース双方に冷静な対応を要請 ロイター
2006年1月16日(月)16時30分
豪環境相、抗議に自制要請 調査捕鯨反対団体に 共同通信
2006年1月16日(月)13時50分
調査捕鯨で衝突回避要請 豪、日本船団と抗議団体に 共同通信
2006年1月8日(日)21時33分
捕鯨母船と抗議船衝突 けが人なし、双方が非難 共同通信
2005年12月22日(木)9時8分
来年の捕鯨量3割増へ ノルウェー、最大級に 共同通信
2005年11月8日(火)11時24分
調査捕鯨船団が下関出港 南極海で規模拡大実施 共同通信

核・原子力推進、有害物質、森林破壊、
海洋生態系破壊、地球温暖化等々、

環境保護団体グリーンピースは、支那朝鮮による自然環境の
汚染・破壊行為には無関心です★


Greenpeace Japan home

http://www.greenpeace.or.jp/

誤っても謝らず
派手であればいい、わけない

グリーンピース 捕鯨 - Google 検索

クライン孝子の日記
2006/01/30 (月) 日本人は正直すぎるしおとなしすぎる(1)
2006/01/30 (月) 日本 is NO.1 で戦いましょ!(2)
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=20060130
2004年 04月 20日 (火)
独仏ともにメデイアによって切り口は違う(1)
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=20040420

アメ牛は輸入再開は果たして安全か?将来に禍根を残さないか?
日本文化チャンネル桜 - 掲示板
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&topic_id=24&forum=8

鯨類捕獲調査における不法なハラスメント
http://www.icrwhale.org/gpandseaJapane.htm
財団法人 日本鯨類研究所
http://www.icrwhale.org/


捕鯨問題Q&A
http://www.whaling.jp/qa.html
反捕鯨団体への公開質問状と回答
http://www.whaling.jp/hanho.html
IWC条約を愚弄する輩
http://www.whaling.jp/yakara/yakara01.html
道徳的な見地から捕鯨反対へ 明らかに国際法違反
http://www.whaling.jp/yakara/yakara02.html
日本捕鯨協会
http://www.whaling.jp/


政府・国際機関

水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/
水産庁捕鯨班
http://www.jfa.maff.go.jp/whale/indexjp.htm
国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature and Natural Resources)
http://www.iucn.org/
国際捕鯨委員会(International Whaling Commission)
http://www.iwcoffice.org
ワシントン条約締約国会議(the Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)
http://www.cites.org/

研究所・研究会

遠洋水産研究所
http://ss.enyo.affrc.go.jp/
日本海セトロジー研究会
http://www.cetology.gr.jp/

博物館

国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/

鯨類に関する団体(国内)

財団法人 日本鯨類研究所
http://www.icrwhale.org/
日本捕鯨協会
http://www.whaling.jp/
日本小型捕鯨協会
http://homepage2.nifty.com/jstwa/
鯨ポータル・サイト
http://www.e-kujira.or.jp/index.html
ウーマンズフォーラム魚
http://www.wff.gr.jp/
大日本水産会
http://www.fishworld.or.jp/

鯨類に関する団体(海外)

極北同盟(High North Alliance)
http://www.kujira.no/
第55回国際捕鯨委員会「サバイバル・キット」
http://www.kujira.no/
国際野生生物管理連盟(IWMC - World Conservation Trust)
http://www.iwmc.org/
世界捕鯨者カウンシル(World Council of Whalers)
http://www.worldcouncilofwhalers.com/

鯨類に関する個人ホームページ(国内)

捕鯨ライブラリー
http://luna.pos.to/whale/jpn.html
「くじら博士」奈須敬二 メモリアル
http://www.mnet.ne.jp/%7Ewhalenas/index.html

その他

社団法人 責任あるまぐろ漁業推進機構
http://www.oprt.or.jp
成山堂書店
http://www.seizando.co.jp

捕鯨を考えるの巻 補足 3
捕鯨を考えるの巻 補足 2
捕鯨を考えるの巻
ギュ~、ドーン
牛もつらいだろうし
隠してもムダ

by huttonde | 2006-01-31 18:37 | 捕鯨ほげ(にくにく) | Comments(0)
<< 江古田ついで 教師は生殖者 3 >>