毎年代わり映えせず
by huttonde
カテゴリ



地球壁紙画像
今日の富士
色々富士

ハン板電突まとめ
mumurブルログ
万毛号止掲示板
マーキング
香ばしい掲示板
楽韓Web
厳選韓国情報
極東情報網録
ぼやきくっくり
アジアの真実
木村幽囚記
dreamtale日記
日本人よ誇りをもて
日本再生倶楽部
兵頭二十八
ヒロさん日記
宮崎正弘
アンチキムチ団 匿名党
大阪在住
山岡俊介
なめ猫♪
東亜マンセー協会
酔夢ing Voice
桜井よしこ
Red Fox
ざんぶろんぞの怪人日記
朝鮮歴史館
陳さんのWorld view
特定アジアニュース
U-1速報
2ちゃん的韓国ニュース
丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2
何でもありんす
アルファルファモザイク
東京エスノ
まとめたニュース
保守速報
モナニュース

まとめサイト
海外の反応ARCHIVE
ショボンあんてな(`・ω・´)
ヌルポあんてな

余命
余命三年ミラー
余命官邸メール
余命関連
日下公人
高山正之 
武田邦彦
宮脇淳子

AshCat
パクリ大国南鮮
K国の方式
半島大陸メモ
檀君 WHO's WHO
韓国のHPを日本語
ビラのHP
たまねぎ屋HP
もう黙ってはいられない
新聞宅配問題

mynippon
ch桜 ニコ動
ch桜 youtube
ミコスマ保管所
国際派日本人
大紀元
日本戦略
憂国資料
アジア歴史資料
国立公文書館
アジアメディア
論談
民間防衛
国民が知らない反日

・     
・ 
・ 
・ 

赤塚
水木
杉浦
漫画家志願
鬼太郎人魚売
タコラ
ニコ動落語

東京情報
群馬弁
何日
こよみページ(旧暦)
東京浴場組合
銭湯・温泉・サウナ
大島てる

radiko
三枚 ニコ動
PPP
月曜JUNK
煮込みおせち5
煮込みおせち4
煮込みおせち3
煮込みおせち2
煮込みおせち
煮込みおせち 音楽5
煮込みおせち 音楽4
煮込みおせち 音楽3
煮込みおせち 音楽2
煮込みおせち 音楽
まじめちゃん4
まじめちゃん3
まじめちゃん2
まじめちゃん
フュージョン・スムースジャズ
スムースジャズ中心
BEST JAZZ TIME
【ながしの】Smooth Jazz
【自己満足】


free counters
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
フェルメールが愛した「オ..
from dezire_photo &..
癒しの画家フェルメールの..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
ワーグナーの白鳥の騎士を..
from dezire_photo &..
武田邦彦講演会
from たまりんの気ままなPC日記
P.McCandless..
from タダならぬ音楽三昧
島田紳助 ワシの御門
from 銀河鉄道は 999
通名なんてやめちまえ!
from 湘南のJOHN LENNON..
新学習指導要領解説書がす..
from 最新スクープ情報
新学習指導要領解説書
from Macパソコン MacBo..
貴州省 デモ
from Newsチェック!
強盗容疑で再逮捕へ 拳..
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:犬猫の里親募集( 12 )

復活猫 2
2018/07/03
海外「俺より日本を満喫してる…」
日本全国を旅する2匹の猫に海外から羨望の声が殺到
c0072801_945216.jpg
愛らしい見た目や仕草で人間を癒してくれる猫たち。
昨年12月に「一般社団法人ペットフード協会」が
発表した調査結果によると、全国の犬と猫の推計飼育数は
猫が953万匹(前年比2.3%増)に対して、
犬は892万匹(同4.7%減)となり、
1994年の調査開始以来、
初めて猫の数が犬の数を上回ったそうです
(欧米を中心に海外でも殆どの国で若干猫が多い)。

さて、今回ご紹介する映像は、海外の大手動物サイトが
取り上げていたもので、日本全国を旅する「だいきち」
と「ふくちゃん」の姿が紹介されています。
だいきちは北海道の冷たい雪道で倒れているところを、
ふくちゃんは段ボールに捨てられているところを
現在の飼い主さんが保護し、
そのままご自宅で飼うことになったそうです。

その後飼い主さんはだいきちとふくちゃんと共に旅を
重ねており、これまでに全ての都道府県を制覇している
とのことです。
過酷な状況から一転、幸福な旅猫へと生まれ変わった
2匹の姿に、外国人からコメントが殺到していましたので、
その一部をご紹介します。

海外「また日本なのか!」
威厳に満ち溢れた日本の猫が外国人に大人気

翻訳元  動画
飼い主さんのインスタグラム

■ 私も猫になって飼い主さんと一緒に
 日本各地を旅したい……。 +11 タイ

■ かなり落ち着いた猫ちゃんたちだね。
 ウチの猫は絶対あんなにじっとしてられない。
+4 カナダ

■ うん、本当に落ち着いてる。
 一般的な猫の性格を考慮すると
 かなり珍しいケースだと思う。 +30 アメリカ

■ ちゃんと躾けてればあの子達みたいになるよ。
 同じように猫を連れてる人を結構見たことあるし。
アメリカ

■ 日本人は他の国の人間よりも猫を守ろうという
 意識が強いんだろうか?
 それとも猫に対する愛情が異常に強いだけ?
 そう言えばハローキティも日本生まれだな。
+3 アメリカ

■ 日本の猫関連の動画を観ると殆どの子は状態がいい。
 綺麗で、栄養が十分で、可愛らしくて、etc……。
シンガポール

■ 私も前に飼い猫を連れて散歩をしたことが
 あるんだけど、犬と遭遇するたびに吠えられてたよ。
 いつか噛まれちゃうんじゃないかって心配だった。
 もしかしたら日本にはあまり犬がいないのかな。
+3 オーストラリア

■ 日本の猫は私たちより
 ハッピーな人生を送ってるね……。
 そのうち日本の「G」にまで抜かれちゃったりして……。
マレーシア

■ こんなに生まれ変わりたいと思ったのは
 初めてかも……。 +5 アメリカ

■ 日本はペットの名前まで可愛らしいんだねw
+1 フランス

海外「日本語は悪口でさえ…」
日本語の悪口のマイルドさに外国人から驚きの声


■ すごくほっこりした……。
 捨てられていたところを飼い主さんに拾われて、
 今では素敵な人生を送れていて本当に良かった……。
+11 カナダ

■ あの子たちの命を救ってくれてアリガトウ……。
 幸せそうに旅をしてる姿を見て
 こっちもハッピーになった……。 インドネシア

■ あのニャンコたち、
 俺より日本を満喫してるんだが……。
 と言うか基本的に俺より良い人生を送ってるw
シンガポール

■ 俺も前に動物病院に連れていく為に
 旅行バッグに入れようとしたけど、
 2秒で飛び出しちゃって諦めたことあるわ……。
 どうやって躾けたんだろう……。これは奇跡だ!
+8 イギリス

■ 飼い主さんは人間として完璧。
 素晴らしい魂を持った人だと思う。
 お互いがお互いに幸せをもたらしてるんだね。
+11 イギリス

■ ダイキチにフクチャン……
 名前が超可愛い???????? アメリカ

■ あの落ち着きっぷりをみてくれ。
 日本にいると猫でさえ礼儀正しくなるようだ。
+5 アメリカ

海外「この民族を愛せないはずがない」
外国人達が語る日本人の特別な礼儀正しさ


■ 動画を観てると自然と笑顔になるしホッコリする。
 世の中にはまだ素敵な人が
 残ってる事を知れて良かった。 +48 カナダ

■ あの子たちワンコみたい。
 ウチの子だったらきっと怖がって
 逃げちゃう!!w +22 イギリス

■ 野良猫を救ってくれてありがとう。
 でも猫は犬じゃないからね。
 家で自由にやらせてあげる方が幸せだと思う。
+1 アメリカ

■ そんなことないよ……。
 あの子たちリラックスしてるじゃん。
 ハッピーじゃない時の猫は
 もっと強張った顔してるよ。 +3 アメリカ

■ 「子供を旅行に連れていくのは大変だ」、
 なんて言ってる大人が世の中には少なくないのに。
+7 アメリカ

■ 名前が可愛いらしい??
 そしてこういう人生は私のゴールでもある。
+2 オーストラリア

■ 来世は日本で野良猫になるのも悪くないかも!
 ???? ???? ???? ??+4 アメリカ

海外「俺の国じゃありえない」
日本の野良猫だけが持つとある特徴に外国人が衝撃


■ 日本に行った時あの子たちに会うことは
 出来なかったけど、
 下の写真の猫ちゃんたちには会えたよ。 国籍不明
c0072801_9445656.jpg
■ ダイキチとフクチャンの
 美しいストーリーに感動しました。
 日本の綺麗な景色を色々見て回れるなんて羨ましい。
+17 ブラジル

■ 個人的な印象だけど、日本の猫はアメリカの猫より
 落ち着いてた……。気候とかが関係してるのかと
 勝手に思ってたけど。 アメリカ

■ メディアはW杯のニュースより
 こういう動画を紹介して。
 結果を知りたければ自分で検索するから。
+7 ロシア

■ 私、来世は本気であの子たちみたいな
 人生を送りたい。 +5 アメリカ

■ オーストラリアだったら無理だったね。
 何年か前に野良猫200万匹を
 処分しちゃったような国だし。 オーストラリア

■ ダイキチとフクチャン、本当に良かったね。
 私もあの子達と日本各地を回ってみたいなぁ????
+6 スペイン

「日本人は常に助けてくれた」
訪日外国人が語る日本旅行で体験した最高の出来事


■ まさか自分より人生を謳歌してる
 猫を見る事になるとは……。 +12 アメリカ

■ こんなに素敵な人生が待ってるなんて、
 保護される前には思いもしなかっただろうね
 ????️???????? +9 オーストラリア

■ 捨て猫から世界一ハッピーな猫ちゃんに……。
  素敵な物語を紹介してくれてありがとう☺️
+5 アメリカ

---
「自分より人生を謳歌している」というコメントが続出。
また、動物愛好家の方々が集まるサイトということも
あり、2匹を保護をしてくれた飼い主さんへの
感謝の声も非常に目立ちました。

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2748.html

うちの両親も共に捨て子でフクとフクマツだが
充実してたかといえば、この猫に劣る。

by huttonde | 2018-07-03 09:45 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
復活犬 4
2017年08月14日
人間と目が合わせられない。トラウマを持った犬、
エンジェルが新たな家族のもとで
ハッピーライフを得るまで
c0072801_1122623.jpg
 エンジェルという名のグレイハウンドが保護されて
きた時、動物保護団体PAWS Animal Rescue Ireland
エンジェルの様子が明らかにおかしいことに気が付いた。
 エンジェルは壁に頭をつけたまま誰とも目を合わそうと
しないのだ。誰が話しかけても応えず、誰が近寄って
きてもただ部屋の隅の壁に向き合ったままだったのだ
という。
c0072801_1173232.jpg
image credit

 エンジェルを保護したPAWS Animal Rescue Ireland
によれば、エンジェルは肉体的には大きな問題は抱えて
いないが、おそらく前に飼っていた飼い主による虐待が
影響し、神経過敏状態に陥っているのだろうという
見立てが出た。エンジェルにとって、人間と目を
合わせるということはその後に何かしら恐怖が
訪れることを意味しているのだ。それ故、
誰とも目を合わせられないのである。
c0072801_1181764.jpg
image credit

 そんなエンジェルだったが、同じ施設内に兄弟犬も
保護されてきた。そこからエンジェルの犬生は少しずつ
上向きに変わっていった。家族がいる安心感からか、
職員たちにも少しずつ心を許すようになっていった。

 もとはかわいい愛されるべき犬のエンジェルは、
ついに新しい里親のもとへ引き取られることとなった。
そこでは名前をカーラと改め、以前の孤独だった犬生を
脱ぎ捨てて新たな冒険に出ることになったのだ。

 新たな飼い主に十二分に愛情を受けて暮らしているの
だろう。以前は壁際で頭を打ち付け、誰とも目を合わせ
なかったエンジェルは今や同居犬と吠え方の競争を
するまでに心が復活したのだそうだ。
c0072801_1184618.jpg
image credit

 エンジェル兼カーラにどんなつらい過去があるのかは
分からない。しかしやっと愛されるべき1匹の犬に
立ち返れたカーラ、これからは思う存分家族に甘えて
楽しく暮らしていってほしいものだ。

Abused Dog Stares at Wall
for Days After Being Rescued

via:She Was So Traumatized, She Couldn't Even Look
At Humans. You Have To See Her Now.
/translated
by kokarimushi / edited by parumo 
あわせて読みたい
8年間ずっとコンクリートの床の上で暮らしてきた
元保護犬のローラさん、すっかりふかふかベッド好きに。


虐待された過去を持つイングリッシュ・ポインター犬、
にぎやか家族の仲間入り、生涯の親友に出会う


よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、
もう一度歩けるようになるまで


生き別れたあの子に会いたい!
犬肉加工工場で保護され生き別れた恋犬同士、
数カ月ぶりに再会する!


虐待を受けていた犬サッシ、
新しい家族とのいちゃこらが止まらない。


http://karapaia.com/archives/52244192.html



by huttonde | 2017-08-15 01:20 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
小型犬玩具
小型犬を飼っている一部の人に注意したいこと

205 名前:/名無しさん[1-30].jpg[] 投稿日
2017/05/11(木) 09:59:18.54 ID:D3zLiFYcd
c0072801_21413121.jpg
c0072801_21414311.jpg




by huttonde | 2017-05-14 21:40 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
復活犬 3
2017年01月25日
片足が折れ、ボロボロの状態で町をさまよっていた母犬。
10匹の子犬たちを助けてくれる出会いを求めていた
(スペイン)
c0072801_20465184.png
 2017年1月14日、スペイン南部の小さな町の市場を
訪れていたリアン・パウエルは、前足1本が折れたまま、
ぼろぼろの状態でさまよい歩くグレイハウンドを発見した。
 放っておけないと直感したリアンは、
すぐさま近所の動物病院に連れていき手当を受けさせた。
 その犬は、産後間もない母犬であることが判明。
子犬たちの身を案じたリアンと獣医は、その居場所を
探ろうと、治療を終えた母犬を発見場所に戻した。
するとどうだろう。母犬は二人を導くように
長い道案内を開始し、小さな宝物のもとに導いた。
 出会って間もない人間にすべてを託すと決断し、
子どもたちのもとに導いた母犬のニュースは
大勢の人々の心を震わせた。



by huttonde | 2017-01-25 21:00 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
復活猫
安楽死を待っていた猫の悲しすぎる顔が…幸せで激変!
2016/11/18

この子猫をご覧いただきたい。子猫のベンベンはある
シェルターで安楽死させられるのを待っていたという。
大きな動物に襲われてできたと思われる負傷で、
ベンベンは歩けず、顔も耳も傷ついていた。

画像出典:boredpanda.com
c0072801_644407.jpg




by huttonde | 2016-11-19 06:45 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
復活犬 2
2015年01月27日
これはからはずっと一緒だよ。保護されていた捨て犬が、
新しい家族として迎えられた後の変化がわかる
ビフォア・アフター写真 Part3
c0072801_0285934.jpg
 カラパイア誌上では、第三回目となる保護施設にいた犬が、
新しい家族と出会い、生きる希望を取り戻した様子がわかる
ビフォア・アフター写真。犬は、例え過去に人間によって
裏切られても、根気よく愛情をもって接すれば、
また人間を信じてくれる。何度裏切られても、
何度でもまた信じてくれる。
そして愛された以上に無償の愛情を返してくれる
生き物なんだね。

 1万年以上も前から今日に至るまで、犬と人間は良き
パートナーだったんだもの。人間を愛することを
やめないでいてくれてありがとう。

1.一緒にいた2匹を両方家族に迎え入れた
c0072801_0292484.jpg
2.寂しそうだったスポ―キーさんのこの笑顔!
c0072801_0294951.jpg
3.ジャクソンさんもお腹を大解放するほどに元気になった
c0072801_0302256.jpg
4.かなり衰弱していたマックスさんだが毛並みも豊かに
c0072801_0305457.jpg
5.ピットブルも凛々しくなった
c0072801_0311071.jpg
6.ガリガリだったウィスキーパーティーさんもふっくらしてきたよ
c0072801_031335.jpg
7.おどおどしていたシャーロットさんもこんなに明るく
c0072801_0315891.jpg
8.立派な犬に成長したね
c0072801_0323295.jpg
9.しょんぼり顔から笑顔へ
c0072801_0325712.jpg
10.ハーシェルさんもこんなに立派に
c0072801_0332147.jpg
11.草の中を走り回るベラさんの楽しそうなこと
c0072801_0333538.jpg
12.ジャスパーさんも大きくなった
c0072801_0334917.jpg
13.心を閉ざしていたディランさんも今では笑顔を絶やさない
c0072801_034187.jpg
14.元気ないたずらっ子となったジギーさん
c0072801_0343284.jpg
15.目の輝きが全然ちがうペニーさん
c0072801_0344826.jpg
16.ウォレスさんもこんなに楽しそう
c0072801_0352138.jpg
17.イケメンになったね、スティーブさん。
c0072801_0354448.jpg
via:twistedsifter.
▼あわせて読みたい
命絶え絶えに生きていた捨て犬たちが保護された後、
瞳に輝きが戻るとき。捨て犬たちのビフォア・アフター Part2


もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。
捨て犬たちのビフォア・アフター写真


犬と人間の歴史がわかる古写真(1860年~1971年)

実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?
脳スキャンで明らかになった犬の本音は、
「それでも人間を愛してる」。(各国研究)


障害のある男の子のそばに寄り添い片時も離れない犬

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183529.html

c0072801_2246168.jpg
Before and After Pics of Animals Who Have Been Adopted (25 pics)

猫編。
2015年03月26日 これぞ九死に一生。
人間の手により救出された猫たちのビフォア・アフター(閲覧注意)
c0072801_21291218.jpg
 猫の命は9つあると言われている。その命のほとんどを費やして
死の瀬戸際から生還した猫がいる。そこには猫たちをなんとか
助けたい人間の尽力がある。だがその尊い命が消えかけた
原因も人間である場合も多い。

 猫の数だけドラマがある。無事に助け出された猫もいれば、
人知れず命の炎が消えていった猫。その違いはどこにあるのか
わからない。いう間でもなく助からない命の方の方がはるかに
多いだろう。だが、ひん死の重傷を負っても持ち前の生命力で
ここまで元気に育った猫たちを見れば、生きることを決して
諦めない猫たちから多くの勇気をもらえることだろう。

1.生後2週間で側溝から救出されたルイ、
今では一家のヌシである。
c0072801_21295774.jpg
2.火事から生還したジャスティン
c0072801_21301332.jpg
3.感電事故にあったバニー。
数か月後にはこんなにイケメンに。
c0072801_21305544.jpg
4.箱に入って捨てられていた数匹の猫。保護団体が発見したが
生き残ったのはこの1匹だけだった。
発見当初目が見えなかった
が、6か月後、元気になって目も回復し
こんなにかわいくなった。



by huttonde | 2015-01-29 04:59 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
復活犬
2013年08月23日
もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。
捨て犬たちのビフォア・アフター写真
c0072801_1195995.jpg
 なんらかの事情で元の飼い主と離ればなれとなって
しまった犬。ペットとして人間と関わりあったことのある
犬たちは、野犬とは違い、人間の保護下にあるべき動物たち
だ。動物保護施設ではこういった動物を保護し、今度こそは
と、適性のある新たなる里親を探し出す。

 一度は絶望のどん底を味わった犬たちを里子として受け
入れるということはそれ相応の決心がいるだろう。人間の
手により心を閉ざしてしまった犬を、また人間の手でその心
にはった氷を溶かすという、たくさんの愛情なくしては
できない信用の修復作業をしていくのだ。

 幸運にも素晴らしい里親と巡り合えて、第二の人生を
歩き始めた犬たちの、放棄された当初と、現在の様子が
わかるビフォア・アフター写真が海外サイトにて
特集されていた。
 身ぎれいになったのはもちろん、犬たちの表情にも変化が
表れているのがわかる。
c0072801_1201478.jpg
c0072801_1203154.jpg
c0072801_1204691.jpg
c0072801_121042.jpg
c0072801_1212127.jpg
c0072801_1213549.jpg
c0072801_1214971.jpg
c0072801_122474.jpg
c0072801_1221711.jpg
c0072801_1223246.jpg
c0072801_1224928.jpg
c0072801_123521.jpg
c0072801_1231913.jpg
c0072801_123328.jpg
c0072801_123462.jpg
c0072801_124053.jpg
c0072801_1241476.jpg
c0072801_1243366.jpg
c0072801_1244728.jpg
c0072801_125056.jpg
c0072801_125133.jpg
c0072801_1252689.jpg
c0072801_1254080.jpg
c0072801_1255713.jpg
c0072801_1261075.jpg
 日本でも動物保護のボランティア団体などが、
捨て犬の里子たちを探している。そういった保護団体が
運営している犬、猫の里親会「譲渡会」では、
ペットショップで売れ残り、保健所送りになる
犬や猫たちの里親も探しているそうだ。

▼あわせて読みたい
殺処分におびえていた犬が心を開く瞬間

【動画】米ウォルマートの駐車場に捨てられた子犬が
再び人間に心を開く瞬間を捉えた映像


いったい何が起きているの?
透明人間にリードを引かれた犬が街中を散歩。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52137721.html

復活しない編。
2013年09月10日
犬たちの最期の表情。殺処分を待つ犬たちの
遺影を描き続ける一人の画家のプロジェクト
c0072801_282042.jpg
 米国では毎日、5,500匹の犬がシェルターで安楽死させられ
ているという。この数値の大きさに問題提起をする為に一人の
画家が立ち上がった。シカゴ出身のマーク・バローネは、
30年以上ものキャリアをもつ成功した画家である。彼は残りの
人生を犬たちに捧げることを誓った。

 シェルターに保護され、殺処分された犬たちの写真を手に入れ、
それをもとに油絵を描いていく。現在手元にある写真は5500枚。
これは1日に殺されていく犬の数である。朝から晩まで犬の絵を
描き続け、その絵には犬の名前と死んだ日を記していく。
過去2年で彼は3500匹の犬の遺影を描いた。
(後略)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52139682.html

また復活編。
2013年09月15日
グーグルストリートビューに写っていた捨て犬。
10年間ずっとその場で飼い主を待っていた。
c0072801_2321933.jpg
 ジェニファー・ベラスケスさんは、米カリフォルニア州
ロサンゼルスのグーグルストリートビューで、1匹の犬が
写っていたことに気が付いた。その犬は捨て犬のように見え、
寂しそうな目をしていた。心配になったベラスケスさんは、
その場所にいってみることに。するとそこには、
あの写真に写っていた犬が、ちょこんと座ってそこにいたのだ。

 ジェニファーさんはこのメス犬を「ソーニャ」と名づけ、
パトリックさんと共に6か月間、様子を見に来て餌を
与えていた。だが、この後どうしていいのかわからない。
そこで、その地域にある動物保護団体「Hope For Paws」に
連絡をした。
Sonya, the Google maps stray dog rescue. Please share

googleストリートビューに写りこんでいたソーニャさん
c0072801_2324941.jpg
 ソーニャさんのいた建物のオーナーによると、
この犬は少なくとも10年以上はこの場所にいて、
ずっと何かを待っているようだったと、スタッフに語った。
おそらくは放棄された建物のあるこの場所に飼い主に捨てられ、
その場でずっと飼い主が戻ってくるのを待っていたのだろう。

 この日の外気温は摂氏38度。早速ソーニャさんを
保護することに。 シャイなソーニャさんは、
なかなか近づこうとしなかったが、
チーズバーガーを千切って与えるとうれしそうに食べていた。
c0072801_2333615.jpg
 ソーニャさんが逃げていかないようにあたりに網を張り、
リードにニオイ付けをしてソーニャさんにあてる。
そしてやっとソーニャさんを保護することに成功した。
c0072801_2342391.jpg
 いったん心を許したソーニャさんは、スタッフにべっとり。
本当は甘えたかったんだね。
c0072801_234555.jpg
 移動トラックで、犬のグルーミングをやっている
動物保護団体「ダーティー・ヘアリー・モバイルドッグ
・グルーミング」が協力を申し出てくれた。
ソーニャさんの体をきれいにし、
伸びきった毛をカットしてくれた。
c0072801_2354944.jpg
 獣医のもとに連れていき健康診断をしたところ、
ソーニャさんの体にはいくつかの腫瘍と関節炎を患っていた。
直ぐに手術を受けなければならなかった。
数日後、手術の傷も癒え、すっかりペットらしくなった
ソーニャさん。獣医の話によると、このまま保護されなければ、
ソーニャさんの命は残りわずかだったかもしれないほど、
深刻な症状だったそうだ。

 ジョアンさんが飼い主になることを申し入れてくれ、
家族の一員となった。現在鍼治療をはじめたという
ソーニャさん。これから先の人生が楽しくなるといいね。
c0072801_2363062.jpg
▼あわせて読みたい
【動画】米ウォルマートの駐車場に捨てられた子犬が
再び人間に心を開く瞬間を捉えた映像


もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。
捨て犬たちのビフォア・アフター写真


飼い主を道路脇でじっと待ち続けた長野県飯田市の犬、
保健所に保護されるも依然飼い主は見つからず


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52140076.html

2013年10月29日
ボロ雑巾のようになりながら森の中をさまよっていた
1匹の犬、シュレックの物語
c0072801_12303100.jpg
 使い古したモップ、あるいはボロボロの雑巾のような
風貌で森の中をさまよっていた1匹の犬が保護された。
まるで沼から這い上がってきたかのように見えるその姿に、
愛情込めて「シュレック」と名付けられた。

 発見当初、シュレックは極度の栄養失調状態で、
びくびくとおびえていたという。

 シュレックは、カナダ、オンタリオ州ブラント郡
バーフォードにあるサザンクロス乗馬施設近くでディーン・
ゴフ氏によって発見された。発見当初、シュレックは見ての
とおり伸びきった毛が絡まっていて、悲惨な状態だったという。
c0072801_12302451.jpg
c0072801_12303762.jpg
 ディーン・ゴフ氏の奥さん、ブレンダはこの地域にある
パークロード動物病院の獣医である。ディーンはすぐに
シュレックを病院に連れていき、ブレンダに見てもらった。
その結果、栄養失調とひどい衰弱状態にあることが判明した。
ボロ雑巾のようになった毛もきれいにカット。
シュレックは。白い小さなオスの子犬だった。

c0072801_12305576.jpg
まるで脱皮したかのようなシュレックの毛。
カットした毛の分量は1.5キロほどの重さがあった。
c0072801_1231820.jpg
c0072801_12312849.jpg
中からでてきたのは、白い小さな子犬だった。
c0072801_12314238.jpg
c0072801_1232021.jpg
 シュレックは絶えず何かにおびえているかのようで、
ブルブル震えている。獣医のディーン・コブによると、
シュレックは劣悪な犬のブリーディング施設にいた可能性が
高いという。そこで長いこと、何の手入れもされなかった為、
毛が伸びきったまま絡みついて固まってしまった。ずっと
長いことケージに閉じ込められていたのだろう。足が萎えて
ほとんど歩くこともできなかったという。

 栄養状態もひどく、貧血気味で、低タンパク状態。
目がもろくに見えていなかった為に、
緊急に手当てをしなければならなかった。

 現在シュレックは、コブさんファミリーの家にいる。
すこしずつだけど、落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

 コブさんの家にきたシュレック。息子さんと。
c0072801_12322228.jpg
c0072801_12323612.jpg
 大きな犬もやさしく出迎えてくれた
c0072801_12325230.jpg
c0072801_1233474.jpg
c0072801_12331726.jpg
 シュレックのその表情は、まだ寂しげな顔をしている。
c0072801_12334334.jpg
 シュレックはどこからやって来たのか、どうしてこんな
森の中に迷い込むはめになったのか、どうやって暮らして
いたのか、動物虐待防止協会(SPCA)の職員にとっては
疑問だらけである。

 いったいどうしたら動物をこんなひどい状態にして
おくことができるのか?ゴフ夫婦をはじめはじめSPCA職員は
ショックを隠し切れないようだ。

 シュレックは今、絡みついた毛を剃り落としてきれいになり、
外見はなにごともなかったように見える。だがその瞳は
いったい何がうつっていたのだろう?表情は悲しさに
満ち溢れており、自分自身の影にすら怯えている。
その挙動には心配が残るという。

 シュレックは決して攻撃的な犬ではなく、普通の犬と一緒だ。
それなのにシュレックはこれまで、人間から愛情を受けたこと
がないようだ。それ以前に、「愛情」とは何なのかすら
わかっていない様子だという。

シュレックのことを報じるテレビ映像
CTV Kitchener: Shrek recovering (※音量注意)

 現在SPCAでは、シュレックについての情報を、
どんなささいなことでもいいから、知っている人は
連絡してくれるように、これらの写真を公開し、
みんなに呼びかけている。

via:brantfordexpositor・原文翻訳:konohazuku

※追記:コメント欄によると、シュレックをひどい状態で
飼っていた飼い主が見つかったそうだ。
なんと12匹の犬がそこから救出されたという。

▼あわせて読みたい
グーグルストリートビューに写っていた捨て犬。
10年間ずっとその場で飼い主を待っていた。


もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。
捨て犬たちのビフォア・アフター写真


殺処分におびえていた犬が心を開く瞬間

【動画】米ウォルマートの駐車場に捨てられた子犬が
再び人間に心を開く瞬間を捉えた映像


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52144192.html

復活猫
2013/10/30 小汚い猫を拾った結果

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:13:44.90 ID:bAMdJuiS0
拾った日
c0072801_11554517.jpg
c0072801_1156326.jpg
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:14:26.00 ID:cZwu6ZNq0
こわい

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:14:54.11 ID:T4dtTdSn0
酷いな拾わなかったら死んでたな

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:14:58.06 ID:Xx3Wdi7d0
目ヤニ溜まってると地味に怖い

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:15:11.50 ID:bAMdJuiS0
10日後
c0072801_11564493.jpg
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:16:04.99 ID:O9l+QwN9i
>>8
超回復!

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:18:40.04 ID:y11aQQJrP
>>8
いのちってすごい

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 01:49:00.38 ID:ghSHVQqk0
>>8
よかったよかった

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:15:24.31 ID:RvzgBCUo0
犬猫はほっとくと目やにヤバいからな

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:16:06.61 ID:Xx3Wdi7d0
あらかわいい

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:16:09.16 ID:2ckhZpH00
左目どうした

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水) 00:17:20.07 ID:bAMdJuiS0
>>14
結膜炎がこじれてた



by huttonde | 2013-08-29 03:38 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
リサイクルクル 2
2012年12月26日
「妹が子猫を拾ってきた…育てることにした!」
c0072801_22424783.jpg
海外掲示板の投稿者の妹さんが、近所の茂みで衰弱した
子猫を見つけたそうです。今にも死にそうでしたが、
母猫が戻ってくる気配はなく連れ帰ることにしました。

ノアと名付けられた子猫が、
元気に育っていく過程をごらんください。

1.
c0072801_2243268.jpg
妹さんが連れ帰ったというオスの子猫ノア。
おそらく生後1~2日で衰弱が激しく、暖めるのと
無菌状態を保つために箱の中に入れてあります。
2.
c0072801_22431848.jpg
1週間後。まだ目がちゃんと開いてません。
3.
c0072801_22433211.jpg
獣医の指示にしたがい、山羊のミルクを与えます。
4.
c0072801_22435010.jpg
3週目。歩けるように!
5.
c0072801_2244544.jpg
お尻を守ってもらえるボディーガードもできた!
(犬:ジングル、猫:モクザイ)
6.
c0072801_22442083.jpg
新しい友達……それはネコバス。
7.
c0072801_22443419.jpg
こちらは犬のジングルと、
彼女のお気に入りのクッション(青)。
8.
c0072801_2244514.jpg
泥棒!
9.
c0072801_2245781.jpg
もうすっかり彼のものに。
10.
c0072801_22452045.jpg
ノア&ネコバスのリビングルームの冒険。
11.
c0072801_22453327.jpg
生まれついての忍者であるノアは、
ティッシュ箱で訓練を始める。
12.
c0072801_22454873.jpg
ジングルのお気に入りクッション
(今度はピンク)の隣に並んでうたた寝。
13.
c0072801_2246365.jpg
またもや泥棒!
14.
c0072801_2247016.jpg
別のクッションで妥協してくれたようです。
15.
c0072801_224713100.jpg
ヤギのミルクを飲み過ぎたのか、すっかりデブに。
でも固形食に切り替えたので大丈夫。
16.
c0072801_224727100.jpg
すっかり元気になってきました。里親を探そうかとも
思いましたが、鳴いたりひっかいたりする暴れん坊なので
……自分たちで飼うことに!
17.
c0072801_22474897.jpg
大きなブタの尻尾!
18.
c0072801_2248717.jpg
たしかにキュートな巻き尻尾。
19.
c0072801_22482158.jpg
ランダムな動きをするものには目がない。
20.
c0072801_22483350.jpg
釣れた!
21.
c0072801_22485053.jpg
暴れん坊のノアと遊んであげると引っかき傷が絶えません。
22.
c0072801_2249102.jpg
リラックスタイム。
23.
c0072801_22492532.jpg
じーっと見つめる。
24.
c0072801_22493872.jpg
キャットタワーで野生を取り戻す。
25.
c0072801_22495477.jpg
食う、寝る、遊ぶの繰り返し。

さて、だいぶ大きくなりましたので、
この辺でおさらいをしてみましょう。
26.
c0072801_22501228.jpg
生後3週間。
27.
c0072801_22502344.jpg
生後6週間。
28.
c0072801_22503647.jpg
生後3カ月。
29.
c0072801_22505028.jpg
そして生後5カ月。ほぼ成猫サイズに!
30.
c0072801_2251944.jpg
すっかり立派になったノア。猫の成長は本当に早いですね。
油断しきった寝顔からも、幸せな飼い猫のオーラを感じます。

Rescued Kitten (27 pics)
http://labaq.com/archives/51774235.html

2013/3/13 救出された野良犬その後(16枚)
c0072801_6573083.jpg
c0072801_6575060.jpg
c0072801_658735.jpg
c0072801_6583136.jpg

http://bigpicture.ru/?p=381727

2013年03月26日
アフガニスタンの戦場で出会った1人の兵士と1匹の猫の物語

 アフガニスタンに派遣されていた駐留米軍兵士のジェシー
・ノット軍曹は、戦場で1匹の猫と出会った。いじめを
受けていた猫を最初に救ったのはノットだが、その後この
猫に大きな恩返しを受けることとなる。この猫のおかげで、
一度はあきらめかけた自分の人生を再び歩むことができる
ようになったのだ。

 ジェシー・ノットは、南アフガンで兵役についていた時、
基地に見慣れない子猫がいるのに気づいた。「子猫は
小さくて、基地を走り回っていて、とてもかわいかった。
みんなで彼をかわいがったんだ」と振り返る。ところが、
子猫が大きくなるにつれ、しだいに誰からも相手にされなく
なった。そしてついに、猫がいじめられているところを
目撃する。

 いじめをやめるよう忠告したノットは、そこで決心した。
自分の部屋でこっそり飼おうと。兵士がペットを飼うことは
禁止されていたが、ノットは、ステーキの切れ端で猫を
誘い込み、自分の狭い部屋にかくまった。

 ノットは猫にコシュカというロシア名をつけた。
皆に隠れてコシュカの面倒を見ていたノット。
しだいにコシュカとの深いきずなが育まれていった。

ノットに抱かれてじゃれつくコシュカ
c0072801_01290.jpg
 そして絶望の日がやってくる。2011年12月8日、ノットの
いる基地近くで、軍の護衛隊を狙った自爆テロがあり、ふたり
の戦友が死んでいった。戦場では常に死が付きまとう。
わかってはいるが、昨日まで元気だった戦友の死を目の当たり
にしたノットは強烈に打ちのめされた。目の前が真っ暗になり
絶望が支配した。

 悲しみに明け暮れ、部屋で男泣きしていたノット。そんな
様子をずっと見ていたのだろう、コシュカがポンっと膝の上に
乗ってきた。そしていつもと同じようにジャレついてきた。
このコシュカの行動で我に返ったノット。コシュカが前に進む
勇気を与えてくれたのだ。「突然、コシュカがやってきて、
こんなふうに言われたような気がしたんだ。“君は君だよ”
って。」

 ジェジーは思い起こす。「ぼくは深刻なうつ病になりかけて
いた。そんなとき、コシュカが元気をくれたんだ。もっと、
前へ進めって。決してぼくを自暴自棄にさせず、いつも通り、
彼の世話をすることを思い出させてくれた」

ノットの服の上で遊ぶコシュカ
c0072801_012280.jpg
 ノットには、これ以上コシュカをここで飼えないことは
わかっていた。かといって外に出せば、またひどい扱いを
うけるかもしれない。ここは危険だ。考えあぐねた結果、
現地の通訳の人に相談した。するとその人は、自らの命を
危険にさらし、猫をカブールに連れて行ってくれると
申し出てくれた。1匹の小さな猫を、戦地で移送するという
ことは大変な困難が伴う。それでも彼はアメリカ人の為に
そこまでの犠牲を覚悟で連れ出してくれるという。

ノットの服に包まれて眠るコシュカ
c0072801_014068.jpg
 コシュカは無事カブールに脱出することができた。
ノットの両親は3000ドルを支払い、コシュカを中東から、
オレゴン州のポートランドに引き取っていった。

 「コシュカはぼくの救世主なんだよ。一度は死んだぼくの
心を生き返らせてくれたんだ。」ノットは任務が終わり、
またコシュカと再会できる日が待ちどおしくてならない
という。

 今コシュカは、アメリカのノットの家で
元気に暮らしている。



by huttonde | 2013-03-30 05:06 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
リサイクルクル
2008年11月24日
崖っぷち犬のその後…主婦に引き取られたが
動物愛護センターに戻っていた

1 名前: ゆず(愛知県)[] 投稿日:2008/11/24
(月) 05:37:00.21 ID:U8qVKty3
眉山(徳島市)の斜面で動けなくなった犬「崖(がけ)っぷち犬」
が救出されて、2年が過ぎた。「リンリン」の名で引き取られた
雌(2歳6か月)は現在、神山町の県動物愛護管理センターで
飼われている。

センターは、一日数十匹の犬、猫を殺処分しているが、年々
その数は減り、「崖っぷち犬」が有名になった後の2007
年度は、大きく減って前年度より約1400匹少ない6017匹。
センターはさらに年間処分数を3000匹以下に抑える目標を
掲げ、「リンリンには啓発活動のシンボルになってほしい」
と願っている。

リンリンは06年11月22日、約1週間ぶりに斜面から救助
される様子が全国に報道されて有名に。同センターが保護した
後、07年1月、飼い主希望者の抽選で、つるぎ町の主婦に
決まった。しかし、生後3か月を野犬として育ったために
元々人に懐きにくく、斜面での恐怖、カメラのライトや
フラッシュを当てられたことなど当時の体験がトラウマ
(心の傷)として残る。

この主婦の下から逃げ出したり、主婦の体調が良くなかったり
したため、今年9月、センターが引き取った。職員と喜んで
散歩しているという。
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081123-OYT8T00533.htm

「全国の人が無事を祈り、救助されたリンリンを処分したくない」。
センターが1年間に殺処分する数は03年度以降、1万243匹、
8436匹、7721匹、7434匹、そして07年度6017
匹で、捨て犬、猫の減少で年々少なくなった。ただ今年度は
10月末までに3802匹で、前年度を下回るかわからない
という。

センターでは、飼い主のいない犬や猫を処分するだけでなく、
それらの飼い主を募り、動物に親しんだり、適正な飼い方を
指導したりする啓発教室を毎月6、7回開催。そこで活躍する
犬や猫20~30匹を飼っており、リンリンも仲間に入れる
ことにした。
センターは「今後5年間で、処分数を3000匹以下に
抑えたい。リンリンにも、力になってほしい」
と期待している。
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081123-OYT8T00533.htm

関連記事①「ワォーン…」
崖に取り残された犬、無事救出!

 徳島市内で地上50メートルの崖に取り残されていた犬が
22日正午前、無事保護された。
 この犬は5日ほど前に崖に登ったが、身動きが取れなくなって
いた。水やえさも取ることができず衰弱が心配されていた。
この日は午前9時から地元消防隊員十数人が救出にあたった。

 最後は網を持ったレスキュー隊員が崖上から近づき逃げよう
とした犬が転落。アっと思った瞬間、下に設置されたネットに
落ち救出成功。消防隊員や見物人から拍手が起こった。
 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061122-120245.html

関連記事②“崖っぷち犬”引き取り手殺到

 去年11月、徳島市で山の急斜面に迷い込み、大掛かりな
救出作業の末、保護された「崖っぷち犬」の譲渡会が28日、
開かれました。2006年11月に徳島市の山の急斜面で
見つかった「崖っぷち犬」。
 高さ50メートルという、危険な場所での救出作業を多くの
市民が見守りました。あれから2ヶ月、犬を保護してきた施設
で開かれた28日の譲渡会には、14人の希望者が集まりました。

 希望者は「埼玉から来ました」、「あの犬は他の犬とは違う
でしょう」とそれぞれの思いを語り、そして抽選の結果、
飼い主は、徳島県に住む67歳の女性に決まりました。
 「まさか自分のところに来るとは思いませんでした。
まずは散歩がしたいです」と喜んでいました。
 http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

45 名前: さやいんげん(北海道)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 05:48:06.93 ID:7oDXP8oy
最初から引き取るなカス

73 名前: 大葉(群馬県)[] 投稿日:2008/11/24(月)
05:58:01.06 ID:ZfqB+PwT
>リンリンは06年11月22日、約1週間ぶりに斜面から
>救助される様子が全国に報道されて有名に。

抽選に来てた多くの人間は、「崖っぷち犬」が
目当てだったんだよな。
他の引取手の無い犬もいたのにな。

95 名前: さやいんげん(北海道)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 06:05:43.02 ID:7oDXP8oy
>>73
当時から言われてたよな、それ
影では大量の犬が処分されてるのに

78 名前: アロエ(アラバマ州)[] 投稿日:2008/11/24
(月) 05:59:51.84 ID:U93mnIAV
以前、「崖っぷち犬のその後は?」って番組を
ゴールデンでやってたけど
この主婦、散歩させないわ、1度も体洗ってなかったり
エサも人間の残飯で犬完全におかしくなってたぞ。
レポーターの芸能人が犬の洗い方とか散歩の仕方
レクチャーしてたがスタジオどん引きだった。
実況で大荒れしてたんで覚えてるわ。
散歩してたみたいなこと言ってるが、嘘だよ。
してたとしてもその番組で半強制的に教わってしてただけ。

380 名前: タチウオ(長野県)[] 投稿日:2008/11/24
(月) 10:31:42.73 ID:fRAN7C5F
>>333
外犬はどうでも洗わなくてもいいよ
油が落ちて風邪ひきやすくなる
ダニや蚤は個別に対処できる事だし、
健康な犬ならそんなに心配ないよ

197 名前: たんぽぽ(東京都)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 07:21:15.06 ID:IHTHWaVP
こいつの譲渡会で、兄弟犬や他の犬もいたのに
応募に殺到した馬鹿どもは抽選から外れると
他の犬には見向きもしないで帰ってっいったな

199 名前: グリーンピース(東京都)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 07:23:12.70 ID:uRmMihwA
>>197
崖っぷち犬にブランド価値でも見出してたんだろ?
犬は飼い主変わる度に相当のストレス受けるのにな
本当安易に飼ったり手放したりする奴は死ねばいいと思う

225 名前: メバル(コネチカット州)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 07:44:34.90 ID:llQvaG0/
>職員と喜んで散歩しているという。

職員にはなついてるじゃねぇかw

349 名前: キンメダイ(千葉県)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 09:57:14.18 ID:07w79ado
誰も引き取り手の無かったこの犬の姉妹犬の方を
引き取った犬飼いの育て方は素晴らしかった記憶が。

 崖っぷち姉妹犬にも飼い主
 藍住町の女性、名前は「幸(ゆき)」に

 徳島市の眉山北側斜面で助け出された雌犬
「崖(がけ)っぷち犬」の姉妹とみられる通称「姉妹犬」が
十一日、保護されていた神山町阿野の県動物愛護管理センター
から、飼い主となった藍住町富吉、自営業大北勢子さん
(47)に引き取られた。
 姉妹犬は、崖っぷち犬救出の数日前に近くで保護され、
顔つきや体格が似ている。この日、同センターであった
「飼い主をさがす会」で、五人の希望者の中から抽選で
大北さんに決まった。

 抽選後、姉妹犬は最初は足を震わせて警戒していたが、
大北さんと長男の圭輔君(5つ)に優しく抱き締められると、
安心したのか次第にあくびもするように。大北さんは
「幸せになってほしい」との願いを込めて「幸(ゆき)」
と名付けた。
 大北さん宅では、ほかにも捨て犬二匹を引き取り飼っている。
崖っぷち犬には引き取り手が殺到したものの、姉妹犬は
取り残されたことを知り、「同じ犬なのに」との思いから
家族と相談して応募したという。

 一月の崖っぷち犬(リンリン)に続いて姉妹犬にも飼い主が
決まり、担当獣医師の城万里さん(34)は「安心して
任せられる飼い主に出会え、ほっとした」と話していた。
 http://www.topics.or.jp/special/122545433017/2007/02/117124914885.html

425 名前: たけのこ(関東・甲信越)[] 投稿日
:2008/11/24(月) 11:36:56.19 ID:H+nqXrb6
人知れず同じ理由で保健所に連れられる犬は
何匹いるのやら・・・

525 名前: モロヘイヤ(関東・甲信越)[]
2008/11/24(月) 13:17:52.74 ID:aZkCCSj5
でも、処分数を考えたら、このオバチャンみたいな人は
珍しくはないのかもね…

http://koerarenaikabe.livedoor.biz/archives/51304830.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1194456.html

2009/02/20
イヌネコの殺処分に立ち会った…職員は「ここは処分施設」
と言い、「この子たちの最期を看取る責任が人間にはある」
と言う

1 :窓際政策秘書改め窓際被告φ ★:2009/02/19(木)
18:51:56 ID:???0
イヌネコの殺処分に立ち会った、人間には「看取る責任」

 今月6日、秋田市の県動物管理センターで、県内で保護された
犬18匹と猫18匹の殺処分の現場に立ち会った。中には、
やつれた体で6匹の子犬に授乳していた母犬もいた。
前日まで職員が譲渡先を探したが、見つからなかった。

 午前10時過ぎ、操作室で職員がボタンを押すと犬舎の壁が
少しずつ動き出した。さっきまで吠え続けていた犬たちは
一斉に鳴きやみ、小さなハコの中に追い込まれていく。

 「耐えられる?」と加沢敏明所長が心配して声をかけて
くれた。「ペットとして飼われていたこの子たちの最期を
看取(みと)る責任が人間にはある」。

加沢さんの言葉を支えにした。

 炭酸ガスが送り込まれ、約20秒で犬たちは意識を失い始め、
約50秒後、最後の秋田犬が天を仰ぐように首を持ち上げて、
倒れ込んだ。
 別室では、あの母犬と子犬たちが麻酔注射による処置を
受けていた。成犬は通常、ガスで処分されるが、最期は母子で
との職員の精いっぱいのやさしさだった。導入麻酔で意識が
もうろうとした母犬を職員がやさしくなでる。親子を隔てて
いた壁を取り去ると、母犬はふらふらしながら子犬たちに
寄り添い、2度目の麻酔で母子は眠るように逝った。
(2009年2月19日16時15分 読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090219-OYT1T00691.htm
c0072801_15351528.jpg
2月初め、この母犬と子犬6匹は天国へと旅立った
(県動物管理センターで)
 http://www.yomiuri.co.jp/photo/20090219-303284-1-L.jpg

3 :窓際政策秘書改め窓際被告φ ★:2009/02/19(木)
18:52:23 ID:???0
 昨年度、県内で処分された犬は620匹、猫はその倍以上の
1314匹。犬は10年前と比べ5分の1に減った。センター
では、一匹でも多くの命を救おうと譲渡事業に力を入れているが、
活動が知られるに しかし、職員は「ここは処分施設」と毅然
(きぜん)とした態度で伝えるという。譲渡対象となるのは、
攻撃性がないなど厳しい検査と通り抜けたごく一部の犬猫だけ。
成犬や猫のもらい手はほとんどいないのが現実だ。

 「飼う前に家族で、この子と長くつきあっていくことを十分
話し合ってほしい。命と向き合う意味を良く考えて」と加沢さん
は言う。家に帰り、愛猫をいつもより強くほおずりせずには
いられなかった。
http://aromablack5310.blog77.fc2.com/blog-entry-4007.html

2009.09.24
フジテレビが、殺処分される捨て犬の映像を放送
…CO2注入で窒息死していくワンコたち。
http://mootoko.blog.shinobi.jp/Entry/2664/

飼い猫の選び方

107 名前:水先案名無い人[sage]
投稿日:2009/10/06(火) 17:30:48 ID:hTvPWET90
猫はだいたい4匹子供産むんだけど
傾向として性格がきちんと振り分けられてるんだよね
1 体が大きくてどっしりとした群れのボス的な役割のやつ
2 なにを考えてるかわからない
  ただひたすらファンキーなやつ(一番猫的な性格)
3 活発で人見知りしない性格の明るいやつ 甘え上手
4 少し臆病だが思慮深いやつ

飼うなら4をお勧めする これは大人になってから
人とコミュニケーションをとれる非常に頭がいい猫だ
通常は仕草などから2・3を選んでしまいがちだが
ペットショップなどで飼い猫を選ぶときはなるべく
長い時間をかけてじっくり見たほうがいい
できるなら2日・3日に分けて猫の行動や資質を
判断したほうがいい

http://2chcopipe.com/archives/51287808.html

c0072801_17393850.jpg
日本のペットブームの裏側

ここ10年間で、約150万匹の犬が
動物管理センターで殺されました。
Photographers - Dark side of Japan’s pet boom
http://feeds.reuters.com/~r/reuters/blogs/photo/~3/R-3Y0n-6_U4/

山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か
4月6日3時11分配信 読売新聞

 犬や猫約100匹の死体が埼玉県飯能市内のがけ下に捨て
られていたことが、県などへの取材で分かった。

 県や市などが回収した死体は、衣服を身に着けたままの
ものも多く、ペットだったとみられる。県警は悪質なペット
葬儀業者らによる不法投棄とみて、廃棄物処理法違反容疑で
捜査を始めた。

 県や捜査関係者によると、多数の犬や猫の死体が
見つかったのは、飯能市から同県横瀬町に抜ける正丸峠
(標高636メートル)の道路沿い。「ペットの死体が投棄
されている」との通報を受け、県などが3月26日に現地を
調べたところ、白骨化したり、野生動物に食い荒らされたり
した死体が見つかった。

 この中にはリボンや服を身に着け、ペットとして人気の
種類の犬の死体などもあり、約80体を回収した。31日にも、
捨てられていたごみ袋から、死後10日以内とみられる犬
15匹の死体が見つかった。
 道路からがけ下の山林に向けて投げ込まれたとみられ、
市は近くに監視カメラを設置した。

 ペット葬儀会社でつくる「日本ペット訪問火葬協会」(東京)
の藤本政光理事長は「当協会ではありえないが、引き取った
死体を供養せずに捨てる業者が一部にあると耳にする。しかし、
これほど大量の不法投棄は聞いたことがない」と話す。

 ペットの火葬・埋葬業者は全国で増えているが、規制する
法律はなく、飼い主と処理や料金などを巡ってトラブルを
起こす悪質な業者もいるという。 .最終更新:4月6日3時11分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000078-yom-soci

埼玉県のペット葬儀業者逮捕へ 犬猫死骸の大量遺棄
2010年4月7日 12時39分

 埼玉県飯能市の山林に犬猫約100匹の死骸(しがい)が
遺棄されていた事件で、埼玉県警は7日、廃棄物処理法違反の
疑いで、同県内の70代のペット葬儀業者の男から事情聴取を
始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。
男の自宅兼店舗も同日朝、家宅捜索した。死骸が見つかった
のは飯能市から埼玉県横瀬町に抜ける正丸峠の中腹。県警は
ペット葬儀業者が不法投棄したとみて捜査していた。
http://www.excite.co.jp/News/society/20100407/Kyodo_OT_CO2010040701000399.html

2011年01月28日
その表情がたまらない…
拾われて元気一杯になった捨て犬たちの写真いろいろ
Happy Dogs' Stories
http://labaq.com/archives/51582451.html

2011年2月22日 23時30分
犬は人間の感情に共感できる能力を持っている-ポルト大学

[拡大写真]
科学者によると、犬と飼い主との間のきずなは、私たちが
思っているよりさらに深いものなのかもしれないという。
犬は人間に共感することができることが証明されてきたが、
どの研究も精神的なプロセスを調査してこなかった。
犬はチンパンジーや他の人間に近い動物でさえ持っていない
人間的な社会的スキルを備えているかもしれないと
専門家は言う。
ポルトガルのポルト大学の研究者によると、犬は『感情的な
伝染』として知られている人間の感情に”反応する
”能力をさらに超えた”応じる”能力を持っているという。
カリーヌシヴァ博士は以下のように語る。
「犬は苦悩の表情の親しい人間に会ったとき、子供と同じ
くらい”うろたえている”ようにふるまうということを示した
研究は、犬の思いやりの心を示唆しています。
また、訓練されてない犬が人間の非常事態に敏感なことがあり、
助けを求める行動をすることがあるということが報告されて
きました。
このことが本当であるならば、これは犬が共感能力を持って
いることを示唆します。」
研究者によると、犬が人間に共感するのには
いくつかの理由があるという。
まず犬は、他の種への共感を発達させた狼から
生じたということだ。
飼いならされた犬のような生物の変化は、世代を超えて微調整
されてきた人間への共感能力を意味している。そして、
牧畜や身体障害の手助けのようなますます難しい仕事をする
ための種族の選択はより複雑な人間の感情への理解に
つながった、と研究者は王立協会の専門誌
「Biology Letters」で述べた。その関係は相互に働くようだ。
別の研究は、私たちの多くはペットが死んだ時、親類や友達を
亡くしたときの同じくらい精神的ショックを受けるということ
が明らかになった。ペットの死は家族の死と同じくらい辛いと
感じたり、親友にさよならを言うときのように悲しみを
感じたりするという。
photo credit: Defence Images
http://www.excite.co.jp/News/science/20110222/Sugomori_4905.html

人の笑顔、犬には分かる 飼い主以外でも 麻布大研究
2011年2月27日9時19分
http://www.asahi.com/science/update/0226/OSK201102260081.html

ネコ、足るを知った食生活 栄養を自分で調整 英研究
2011年3月5日14時0分

 ネコは偏食せず栄養バランスをとってエサを食べることが
できる、という研究結果を英国の民間研究所がまとめた。
いろんなエサを好きなように食べさせると、たんぱく質、
脂質、炭水化物の3大栄養素の摂取量を自分で調整していた
という。
 ペットの栄養や健康などを専門とする「ウォルサム研究所」
が、大人のネコ100匹以上を対象に調べた。 (後略)
http://www.asahi.com/science/update/0301/TKY201103010093.html

杉本彩が保護した犬の表情が変わりすぎwwwwwwww

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2012/05/25(金) 02:35:39.30ID:VTEfvyR60
内容:
c0072801_19553278.jpg

c0072801_19555244.jpg

c0072801_19563343.jpg
現在
c0072801_19564459.jpg
c0072801_1957576.jpg




by huttonde | 2008-11-24 19:21 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)
愚民再び
今まで通りの土日はともかく、更に平日の勤務時間延長は
新人が複数入って赤字になってるから無理だと。
でも忙しさに変わりない。
今までケチで無理し過ぎたんだで。つるセコ会社。

2007年01月29日
“崖っぷち犬姉妹” 報道されたほうは引き取り手殺到
でも、そうでないほうは…

1 名前:リスナァφ ★ 投稿日:2007/01/28(日)
19:45:08 0

去年11月、徳島市で、がけに取り残され、消防のレスキュー隊によって救助された犬が、抽せんで決まった新しい飼い主に引き取られました。徳島県の動物愛護管理センターでは、処分される犬や猫が多いことから責任を持って飼ってほしいと広く呼びかけています。

この犬は、去年11月、徳島市中心部のコンクリートで覆われたがけに取り残され、身動きが取れなくなっていたところを消防のレスキュー隊に助け出されました。その後、徳島県の動物愛護管理センターで保護されて、人に慣れる訓練を受け、28日定期的に開かれている飼い主を探す会に出されました。この「がけっぷち犬」、保護された直後から「引き取りたい」という申し出が全国から100件以上寄せられましたが、実際に会場を訪れたのは11組で、抽選の結果、新しい飼い主が決まりました。

飼い主になったのは、徳島県西部に住む67歳の女性で、早速、犬と対面しました。飼い主の女性は、「テレビでかわいらしい姿を見て、育てたいと思いましたが、まさか抽選に当たるとは思っていなかったのでびっくりしました。家に帰ったら、まず犬小屋を買いに行って、名前を考えようと思います」と話していました。
 http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/28/k20070128000126.html

一方、この犬と同じ時期に、ほぼ同じ場所で保護され、姉妹ではないかと見られている犬は、引き取りを希望する人が一人も現れませんでした。全国では、1年間に、39万匹余りの犬や猫が処分されていて、徳島県の動物愛護管理センターは、「不幸な犬や猫を減らすために飼い主は責任を持って飼ってほしい」とあらためて呼びかけています。
ソース:
 http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/28/k20070128000126.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/909263.html

かわいそうな犬が好きなら全国の保健所にどっちゃりいるのに。
どこまでバカなんだろう。

更新日 01/31  板橋の犬屋敷
http://www.tanteifile.com/diary/2007/01/31_01/index.html

引き取らず見殺しもあれば、引き取って見殺しもある現実。

2007年01月31日
シンガポールに自称動物愛護家に置き去りにされた可哀想なワンコ
http://antikimchi.seesaa.net/article/32472259.html

2007年02月06日
【MOVIE】KILL BOXで殺処分される動物たち(ショッキング注意)

 映像は1990年代、アメリカはサウスキャロライナ州にあるアニマルシェルター、日本でいうところの保健所みたいなところで、飼い主が事情により飼えなくなって持ち込まれた犬や迷い犬をキルボックスと呼ばれる箱に入れ、猛毒のガスを流して一気に殺処分するというもの。

 現在でもこの処分方法で捨てられた犬、猫、鳥、うさぎなどのペットを殺処分しており、日本の保健所でも同様の方法で犬や猫の処分を行っている。

 ちなみに日本では一年間で保健所に来る犬が約40万匹、新しい飼い主が見つかったり動物実験に使われる犬を除いてそのうちの約28万匹が殺処分されると言われている。猫の場合はもっと悲惨で、飼い主から引き取った時点で、そのまま処分されるものが多く、年間27万匹が持ち込まれ、そのうちのほとんどが処分されるという。(平成11年調べ)
 
 Puppies in the Kill-Box
 http://www.liveleak.com/view?i=f780124076&o=1
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/50310055.html

2007年02月07日
アークエンジェルズ、大阪市から悪徳団体第一号認定の快挙達成
http://antikimchi.seesaa.net/article/33066240.html
2007年02月17日
広島西署、大前氏のアークエンジェルズ林俊彦代表への告訴状受理
http://antikimchi.seesaa.net/article/33872188.html

dogs in korea
http://www.youtube.com/watch?v=ISyfQodfl0o

2007年02月19日
在日による恐怖のブルセラ症感染広大テロ計画
http://antikimchi.seesaa.net/article/34087304.html
アークエンジェルズ発足の地、大阪市生野区
http://antikimchi.seesaa.net/article/34106776.html

犬の死骸不法投棄で検証

 広島県警は20日、広島市佐伯区の「ひろしまドッグぱーく」(閉園)で犬の死骸(しがい)を不法に埋めたとして、犬を管理していた業者「ドッグプロダクション」元代表(42)に対する廃棄物処理法違反(投棄禁止)の疑いで、ドッグぱーく跡地を現場検証した。
 検証は捜査員18人が午前9時半から開始、元代表も立ち会った。

 調べでは、元代表は2003年から06年にかけて、飼育していた犬の死骸を不法に園内に埋めた疑い。
 ドッグぱーくをめぐって県警は昨年12月、閉園後劣悪な環境で犬を飼育していたとして、元代表に対する動物愛護法違反の疑いで家宅捜索している。
[2007年2月20日11時37分]
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070220-159364.html

2007/02/18-10:02  犬のアレルギー性皮膚炎増加

 人間同様、犬のアレルギー性皮膚炎が増加していることが、ペット保険のアニコムの調査で分かった。2004年にどうぶつ健保に加入している犬11万3000頭のうち約3割が皮膚病で通院、そのうち原因が判明しているのは8837頭だった。
 この中でみると、細菌感染症(膿皮症、爪周囲炎)が38.4%、アレルギー性皮膚炎(アトピー性、食物性など)が36.4%、外部寄生虫感染症(ダニ、ノミ、シラミなど)16.1%、真菌感染症(マラセチア症など)9.1%だった。
http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_pet&k=2007021800023

犬と飼い主が似てるという動画
Hilarious! Dog Owners Who Look Like Their Dogs.
http://www.youtube.com/watch?v=642qxehEcGg

2007年02月23日
こちらには消えた子犬の情報がありませんので
http://antikimchi.seesaa.net/article/34481179.html

更新日 03/07 偽毛皮?それとも・・・犬?

この10年程、過激な禁煙運動と共に過激な
“毛皮商品”不買運動が行われています。
有名デザイナー達は次々と本物の毛皮を使うのを控え、
100%合成素材の偽毛皮を使い始めました。

ところが。(後略)
http://www.tanteifile.com/tamashii/index4.html

2007年03月08日
広島DP界隈と在日極道の大物界隈がシンクロしまくってる件について
http://antikimchi.seesaa.net/article/35490653.html
2007年04月06日
アークエンジェルズによる近畿の水瓶汚染テロ
http://antikimchi.seesaa.net/article/37913282.html

2007年04月09日
現役某Y組の在日派閥関係者が田舎で暗躍してる件について

 犬飼育施設:高島に建設計画
 反対期成同盟を結成、地元2地区が住民集会 /滋賀
 4月6日14時0分配信 毎日新聞

 大阪市の動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」が、高島市今津町酒波に多数の犬を飼育できる施設の建設を計画していることが明らかになり、酒波、伊井の両区は4日夜、対応を協議する住民集会を地元の集会所で開いた。住民からは衛生面などで周辺に悪影響が出ることを心配する声が上がり、同団体の進出に反対する期成同盟の結成を決めた。
 同団体によると、飼育施設の広さは約2100平方メートル。最大300匹を収容出来る犬舎やドッグランなどを備え、5月の完成を予定している。

 住民集会では、犬の鳴き声による騒音や抜け毛や汚物で地下水が汚染されることを心配する声などがあり、流産を引き起こすブルセラ症に感染した犬が持ち込まれる可能性も指摘された。
 両区は今月1日、施設前に進出反対の看板を設置。今後、署名活動を実施する。酒波区の落合常雄区長(56)は「衛生面などで地域へのマイナス要因が大きい。結束して反対運動を展開していきたい」と話した。
 一方、同団体の林俊彦代表は「犬の世話をするスタッフらを手厚く配置し、糞(ふん)尿も1カ所に集めて適切に処理する。説明会を開いて住民の理解を求めたい」と話している。【近藤修史】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000145-mailo-l25
(後略)
http://antikimchi.seesaa.net/article/38239140.html

更新日 05/13 犬の探し方

『愛犬を探して下さい!!』という依頼が時々あります。
そんな時、飼い主さんにまずして頂きたいのは
保健所への確認です。
警察に届ける方は多くても、保健所に確認する方は
意外と少ないのです。
電話ではなく、まずは管轄の保健所に自分で見に行く事が
大事です。(後略)
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop_2007/05/13_01/index.html

2007年08月13日 更新
犬31匹を虐待し書類送検 広島のドッグぱーく跡地で

 広島市佐伯区の「ひろしまドッグぱーく」で、閉園後も犬約500匹が劣悪な環境の中で飼育されていた問題で、広島県警は13日、犬を管理していた業者「ドッグプロダクション」元代表(42)らを、動物愛護法違反(虐待)と廃棄物処理法違反(投棄禁止)などの疑いで書類送検した。

 調べでは、元代表は昨年8月から9月にかけて、飼っていた犬に餌や水を与えるなどの必要な世話を怠り、31匹を栄養失調や貧血にさせるなど虐待。また死んだ2匹を不法に園内に埋めた疑い。元代表らは容疑を認めているという。
http://www.sanspo.com/sokuho/070813/sokuho021.html

2007年10月06日 殺処分・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1214594

2007年10月08日
「アーク・エンジェルズ」が皮膚病の犬60匹飼育計画、
高島市の海東市長ら住民200人が、徹夜で座り込み
http://antikimchi.seesaa.net/article/59507549.html

2007/11/17
「生焼けで返しますよ?」ペットの火葬で数十万円の請求
…ブーム便乗の悪質業者横行

1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★
投稿日:2007/11/17(土) 15:58:54 ???0

ペットの火葬をめぐり、トラブルが相次いでいる。焼却炉を備えた車で飼い主宅まで出張した業者が、死骸(しがい)を焼却炉に入れた後に数十万円の高額料金を請求するもの。
「嫌なら今すぐ焼却炉から出す」「遺骨を返さない」などとすごみ、飼い主の愛情につけ込み金を要求する。ペットブームに便乗した悪質商法に、各消費者センターは注意を呼びかけている。

東京都消費生活総合センターによると、東京都内の50代女性は今年、インターネットでペットの火葬業者を見つけ連絡した。ホームページ(HP)では、体重別の料金を掲載。約20キロの犬は5万6000円で他の料金は一切かからないとあったが、業者は犬を移動火葬車の焼却炉に入れた後、22万円を請求した。女性は抗議したが「生焼けで犬を返す」などと言われ、やむなく15万円を支払った。業者はその後も電話で執拗(しつよう)に残額の支払いを請求、警察通報後も電話は続いた。

同センターなどによると、業者は違っても手口には共通性がある。HPには小動物から大型犬まで、体重別に1万円台から数万円の料金が表示され、一部に「高速料金がかかる場合がある」などと書かれている場合もあるが、料金が請求されるのはきまってペットを焼却炉に入れた後。大型犬で火葬料金が6万円弱のはずが40万円請求された40代の男性もいた。料金内訳の提示は書面ではなく口頭だけのことも。全額を払わないと、残額を支払う「示談書」名目の念書を取られたケースもあったという。

動物の火葬業者には基本的に法的規制がなく、同センターは「事前に見積もりを出させるなど料金の確認が必要。納得できない場合は、支払いや書類へのサインを急がないように」と話す。トラブルは秋以降、関東で目立つ。国民生活センターによると、ペットサービスの相談は04年263件、05年314件、06年405件と増加している。
 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071117k0000e040053000c.html
http://biss.blog76.fc2.com/blog-entry-543.html

2007/11/26(月)
「掲載と違うもの買わされた」
「購入したけど気に入らないので保健所に持ち込む」
…ネットでペット購入、トラブル増加

1 :出世ウホφ ★:2007/11/26(月) 01:14:06 ID:???0
インターネットによるペット購入のトラブルが目立ってきた。国民生活センターに昨年度、寄せられたペット購入の相談千五百件のうち、ネットによる通信販売のトラブルは約一割を占める。動物愛護関係団体は、パンフレットを作り注意を喚起している。

同センターへのペット購入に関する相談は二○○一年度に千百四十五件だったが、○二年度以降は千五百件を超える状態が続いている。相談の大半は「ペットを戻しても返金に応じてくれない」などと契約に関するものだが、最近は「届けられた動物が病気だった」「ホームページに掲載されたペットと異なるものを買わされた」など、ネット販売ならではのトラブルが目立っているという。

○一年度には八十八件だったネット購入に関する相談件数は、○三年度には約二・五倍の二百二十六件になった。悪質な販売店の排除を目的に改正動物愛護管理法が施行された昨年は、百六十六件にとどまったものの、ほぼ年間二百件前後で推移している。

同センターは「ネットによるペットの購入は今後も、増加が見込まれる。購入する際は、電話などで確認した上で、契約を結ぶように」と注意を呼びかけている。一方、日本動物愛護協会や日本動物福祉協会などでつくる「動物との共生を考える連絡会」(東京)は、ペットのネット販売トラブルが増えているとして、注意を呼びかけるパンフレット十万部を作製し今月、道内など全国の消費者協会に送付した。同会は「ネットで購入したペットを、気に入らずに保健所に持ち込むというケースもある。家族として招き入れるペットを、実際に合わずに買うこと自体無理があるのでは」と話している。

15 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 01:22:03
ID:pXDEq6kQ0
インターネット販売でペットを購入する感覚が理解できん・・・

http://aromablack5310.blog77.fc2.com/blog-entry-1543.html
http://koerarenaikabe.livedoor.biz/archives/51063883.html

12/08 23:16
認知症女性を温めた犬が飼い主の元へ

 厳寒の夜に屋外で、一時行方不明になっていた茨城県東海村の認知症の女性(73)に寄り添って温めていたとみられる老犬が8日、同県ひたちなか市の飼い主の家族に引き取られた。
 この犬は6日午後、同市の公園近くで認知症の女性と一緒にいるのを発見され、保護された。犬は女性にぴったりと寄り添っていた。女性は、氷点下の屋外で一夜を過ごしたとみられるが、「全然寒くなかった」と話していた。
 水戸地方気象台によると、ひたちなか市に隣接する水戸市の5日夜の最低気温は氷点下2・2度だった。ひたちなか西署は「犬が女性を温めて過ごした可能性が高い」と話している。
 同署によると、8日午後7時半ごろ、「新聞報道を見た」と家族から電話があり、黒と白のまだら模様や黒い首輪といった特徴が飼い犬と合致した。5日午後5時ごろからいなくなったという。自宅と認知症の女性がいた場所は約4キロ離れていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/108606/

12/09 00:59
認知症女性温めたお手柄犬、名前は「ウシ」

 氷点下の夜、茨城県ひたちなか市の空き地で、行方不明になっていた認知症の女性(73)にぴったりと寄り添い、体を温めながら、一夜を過ごした老犬が8日、飼い主の元に無事戻った。飼い主も78歳の女性とあって、保護していたひたちなか西署では「おばあちゃん思いの優しい犬だからこそのお手柄」と話している。
 お手柄犬の名は、白と黒のまだら模様から「ウシ」。発見当時、首輪はつけていたが鑑札がなかったため、条例上は「野良犬」とされたが、8日になって「新聞報道を見た」と飼い主が名乗りを上げた。ウシは5日午後から姿が見えなくなっていた。
 同署によると、ウシは6日午後1時ごろ、ひたちなか市の空き地で、認知症の女性と一緒にいるところを発見された。この女性は5日午前7時半すぎ、約5キロ離れた同県東海村の自宅から行方不明になっていた。
 女性とウシが一夜を明かした6日未明は、ひたちなか市に隣接する水戸市内でマイナス2・2度を記録するなどこの冬一番の冷え込み。
 女性は薄手のセーターにジャンパーの軽装だったが、ウシがぴったりと寄り添っていたため、「全然寒くなかった」と話していた。同署も「ウシが毛布代わりになってくれていなかったら、女性は凍死した恐れもあった」。
 野良犬は拾得物扱いとなるため、飼い主が見つからなければ、薬殺処分される可能性もあったが、同署では「お手柄犬を死なせるのはかわいそう」と保護していた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/108639/

2007/12/10 犬「老婦人を救う」追考
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1200.html

探偵ファイル/探偵魂
ペットブームの陰に・・・
~ エサあげないと死んじゃうんですか? ~
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/24_01/index.html
ペットブームの陰に… その2
~ ペットショップの実態 ~
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/26_01/index.html
ペットブームの陰に・・・その3
~売れ残った犬猫は、どこに行くのか?~
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/27_01/index.html
ペットブームの陰に・・・4
~ 犬は113秒に1匹、猫は115秒に1匹が殺処分になっている! ~
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/24_01/index.html

サイゾー9月号発売! 「犬猫ブームの光と影」

【第1特集】 犬猫ブームの光と影[ワイド]
「犬鍋」は動物愛護法違反じゃない?/
恐怖のペット感染症/災害時にウチのコを守る方法/
コワモテ御用達の“犬ブランド”/
ペットの生体販売に潜む闇 ほか
有名“犬猫本”を、あのカリスマ獣医が斬る!!
揺りかごから墓場までペットビジネス大解剖
芸能界のニャンコ好き男・萩原流行現る!
2万年の犬の歴史と交配の謎に迫る!
“最強”ゆえの哀しみ、土佐闘犬と男たち
犬より吠える客! ペット業界覆面座談会
ほか
2008.08.18 月
http://www.cyzo.com/2008/08/post_838.html

by huttonde | 2007-01-29 18:50 | 犬猫の里親募集 | Comments(0)